宝ヶ池の風景


宝ヶ池

先日、散策で宝ヶ池を訪れました。

宝ヶ池洛北にある宝ヶ池は、周囲約1.5kmの低山に囲まれた池で、自然を満喫できる公園として整備されてます。最寄り駅は地下鉄の国際会館駅。南の方へ歩いて行くと、公園を経てやがて池が現れます。宝ヶ池は、江戸時代の宝暦13(1763)年に築かれ、松ヶ崎地区に安定期に水を送るために湧水があった深田を溜池にしたものです。水は岩倉川に注いで、下流の井手ヶ鼻井堰から松ヶ崎へと取水されていきます。

宝ヶ池名勝は、もとは北浦溜池と言われていたものが、明治の終わりに宝ヶ池と称されるようになったそう。その名は、宝暦の「宝」から来たとも、分銅形の池の形からともされますが、松ヶ崎は水に苦労をした歴史があり、水そのものが宝だったといえるでしょう。現在は公園として池の周囲には遊歩道や芝生の広場が設けられ、桜や梅も植えられており、比叡山の眺めも美しく、市民憩いの場として親しまれています。

宝ヶ池公園にいた鹿先日訪れた日は快晴で、日差しは強いものの風もあって大変心地よい日和でした。足こぎのボートが盛況で、親子連れで賑わっていました。木々の緑もきらめいて、天気がよい日の散策にはうってつけです。池の周りでは鹿を3頭も見かけました。野生の鹿ですので、近づきすぎると危ないかもしれませんのでご注意を。本当に自然が豊かな場所です。

Instagram(インスタグラム)のアカウントを設けました!

積極的に京都の写真を投稿していきます。リンクはこちら。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介

吉村 晋弥(よしむら しんや)

京都検定1級に3年連続最高得点で合格(第14回~第16回、第14回合格率2.2%)、「京都検定マイスター」。気象予報士として10年以上。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2020」監修。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.