一休さんゆかりの一休寺!サツキの花と新緑が彩る京田辺の名刹へ

日時5月25日(土) 散策:14時~17時頃
集合近鉄「新田辺」駅 改札前
参加費2000円(学生は500円) ※別途、一休寺500円の拝観料が必要です。

一休寺 5月新緑の一休寺一休寺

【終了しました。ご参加ありがとうございました。】
洛南・京田辺の名刹一休寺(酬恩庵)。新緑やサツキの花が彩る境内では、一休禅師の墓所や木造が祀られ、一休さんを偲ぶことができます。さらに周辺の興味深い社寺も訪れます。

ここが見どころ!

  1. とんちで知られる一休禅師が晩年を過ごしたのが一休寺(酬恩庵)。禅師の木造やゆかりの寺宝を拝観し、一休さんの生涯に迫ります。
  2. 一休寺の境内は美しい新緑やサツキの花にも飾られる頃。心落ち着く名勝庭園を眺めます。
  3. 棚倉孫神社では、穀物で作られた珍しい「ずいき神輿」を見学することができます。また、今昔物語にも登場する薬師如来で知られる甘南備寺も訪ねます。※今回は歩く距離が長めです。

一休寺棚倉孫神社 ずいき神輿甘南備寺

行程(約4.3km)
近鉄・新田辺駅 → 棚倉孫神社(穀物で作られた”ずいき神輿”) → 一休寺・酬恩庵(一休禅師ゆかりの寺) → 甘南備寺 → 近鉄・新田辺駅にて17時頃解散

お申込みはこちらから

  • 当日は歩きやすい靴と服装でお越しください。
  • 雨天決行ですが、荒天の場合は中止することがあります。
  • 集合場所までの交通費は各自ご負担いただきます。

ガイドのご紹介

吉村 晋弥(よしむら しんや)

第15回・第14回京都検定1級(合格率2.2%)に2年連続最高得点で合格。「京都検定マイスター」。気象予報士として10年以上。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2019」監修。特技はお箏の演奏。

 

近鉄「新田辺」駅へは?

  • JR京都駅から:近鉄線で急行に乗車。約25分。
  • 京阪線から:「丹波橋」駅下車。近鉄線で奈良方面にお乗り換え。新田辺駅まで約15分。
  • 阪急線から:「烏丸」駅下車。地下鉄線で竹田方面にご乗車いただき、竹田駅で近鉄線にお乗り換え下さい(奈良行き急行あり)。