日向ぼっこをする県神社の看板犬


県神社のぺぺ

宇治の県神社(あがたじんじゃ)には看板犬がいます。

県神社のぺぺ県神社は、木花咲耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)を祭神とする神社で、創建は大和朝廷の時代にさかのぼるという古社です。平安時代中ごろに、藤原頼通が平等院を創建した際には鎮守社となりました。社名は祭神の別名である「吾田津姫(あがたつひめ)」に由来するとも、古代の宇治県(あがた)の守護神から来ているともされます。

県神社のぺぺ神社には看板犬がおり、名前は「ぺぺ」といいます。人懐こく、地元ではとても愛されていて、2014年に地元の方にお聞きしたお話しでは、当時でもう10年以上はいるのだそう。今は2018年ですので、すでに高齢のワンちゃんです。先日、境内を訪れると私に近づいて来たかと思うと、ひと撫でだけさせてくれてそのまま通り過ぎ、日向ぼっこをしていました。もう高齢ですので、宇治に行くたびにできるだけ神社に立ち寄るようにしていますが、ぺぺは境内にいる時といない時があり、出会えたらラッキーです。元気そうな姿に安心しました。

県神社のぺぺ

県神社のぺぺ

「京ごよみ手帳2019」訂正のお知らせ

・P39の三十三間堂「楊枝のお加持と大的大会」の日程が1月14日となっていますが、正しくは「1月13日」です。
・P225の「京都御所」のデータで、2番の休みは「月曜(祝日の場合は翌日)・年末年始・別途不定休あり」です。
ご迷惑をおかけいたします。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

第14回京都検定1級(合格率2.2%)に最高得点で合格。気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。8年ぶりに受験した第13回京都検定で再度1級に合格し「京都検定マイスター」となる。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳」監修。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.