下鴨神社 流し雛 2014年


下鴨神社 流し雛

3月3日に、下鴨神社流し雛が行われました。

下鴨神社 流し雛3月3日はひな祭りで、京都各地で行事が行われました。先日は、松尾大社の流しビナをご紹介しましたが、京都の流し雛では下鴨神社が最も有名で、多くの人で賑わいます。下鴨神社の流し雛は「さんたわら(桟俵)」と呼ばれる籠に乗せた夫婦雛を御手洗(みたらし)川に流し、子供たちの無病息災を祈る神事です。

下鴨神社 雛飾り本来、雛人形や人形(ひとがた)は子どもたちの厄を代わりに受けてくれるとされ、そうした人形などを川に流すことで厄払いになると信じられてきました。水は穢れを洗い流すもので、特に下鴨神社の御手洗川は、葵祭の斎王代の禊(みそぎ)や、足浸け神事でも知られるように、穢れを払う川として古くから信仰を集めています。なお、雛段に飾られる雛は衣装などもきらびやかで、凝った細工が施されていますが、流し雛は簡素なものが用いられています。

下鴨神社 流し雛にて下鴨神社では、人間のお内裏様(男雛)とお雛様(女雛)も登場します。例年、新婚のご夫婦が選ばれて仲睦まじい様子が印象的です。お雛様は十二単(じゅうにひとえ)で着付けも公開され、丁寧な解説と合わせて煌びやかな様子が人気を集めています。着付けは10時半からですが、直前では見るのが難しく数十分前にはいて下さい。着付けが終わると、11時過ぎからお雛様や関係者による神事や「流し雛の儀」が御手洗川で行われますが、川の周りもかなり早い時間から混雑しますので、着付けと雛流しの神事の両方を見るのは非常に難しいです。私も、一昨年と今年は神事のみ、昨年は着付けのみに絞って見てきました。また、今回は運よく最前列を確保できましたが、少なくとも9時半には御手洗池にいないと難しいでしょう。11時までは1時間半待ちです。

下鴨神社 流し雛準備が整うと御手洗川に面した場所にお雛様らが登場してきます。そして今年も例年通り京都タワーのマスコット「たわわちゃん」も来ていました。たわわちゃんは女の子ですので、美しい着物姿です。流し雛の神事は粛々と行われ、いよいよ「流し雛の儀」が行われます。お雛様とお内裏様は、二人揃って川の傍に下り、一緒に雛を流していきました。お雛様がお内裏様の方を目で確認する様子が可愛らしかったです。

下鴨神社 流し雛 舞妓さんその後、着物姿の宮川町の舞妓さんもお二人で雛を流していきます。たわわちゃんは舞妓さんにあこがれる女の子ですので、呼ばれているのかもしれませんね。カメラマンが多い理由の一つもこの舞妓さんにあるのだと思います。この行事には近くの園児たちも来ていて、可愛らしく雛を流していきました。たわわちゃんも、問題なく階段を下りて雛を流します。こちらは動画もありますので、ご覧になってみて下さい。

下鴨神社 流し雛流し雛の儀が終わると、園児たちによる「うれしいひなまつり」の歌の披露があります。元気よく一生懸命に歌う様子はとても微笑ましく、親御さんたちも見に来られているようでした。下鴨神社は観光地である一方で、こうした地元の神社としての一面も持っているのです。現在のひな祭りは女の子の行事というイメージがありますが、その昔は男女問わず、子どもの無病息災を願う行事でした。皆、元気で健康でこの1年も成長して行ってほしいですね。

下鴨神社 流し雛神事が終わると、一般の方の流し雛が12時頃から行われます。一般向けには「さんたわら」の無料配布も行われていますが、やはり人気で、早い時間に無くなります。もちろん有料(大1000円、小500円)で手に入れることもできます。昨年のものを流してもよいですし、今年手にしたものを流してもよいそうです。一般の流し雛が始まると、大混雑となり、順番が回ってくるまでしばらくかかります。雛を流すだけでしたら12時半ころに来ても十分で、地元の方はよくご存じなのか、人が少なくなるのを見計らって流される方も見かけました。なお、流された雛は、輪橋(反り橋)を越した辺りでせき止められて溜まっていきます。なかなか美しい眺めでした。

下鴨神社 流し雛にて下鴨神社の境内では、尾形光琳の国宝・紅白梅図屏風のモチーフとなった梅の木も、見頃になってきています。3月に入ると少しづつ色彩が華やかになって来ますね。ひな飾りに見える様々な彩りにも、来たりゆく春を感じます。あと1か月で桜も咲いて、草木も緑を取り戻し、さらに色彩は豊かになっていきます。下鴨神社の流し雛は、神事も見るのか、流し雛だけでよいのか、目的を絞って計画的に訪れるとよいでしょう。混雑も激しいですので、時間と心に余裕を持ってお出かけ下さい。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.