咲き誇る北野天満宮の梅と等持院の有楽椿

日時3月12日(水) 散策:13時~15時30分頃
集合「北野天満宮 一の鳥居前」(今出川通に面した鳥居)
参加費2000円(学生は500円) ※別途、北野天満宮・梅苑の入苑料600円と、等持院の拝観料500円が必要です。

北野天満宮の梅 3月8日等持院 有楽椿平野神社 寒桜

【終了しました。ご参加頂きまして、ありがとうございました。】
梅香る季節。京都屈指の梅の名所・北野天満宮から、優しいピンク色の花が素敵な等持院の有楽椿を目指します。途中、平野神社では寒桜が咲いています。

ここが見どころ!

  1. 北野天満宮にある約1500本もの梅が見ごろを迎えます。梅苑でお茶お頂きながら、ゆっくりと梅の甘い香りと早春の彩りを楽しみます。
  2. 足利将軍家の菩提寺である等持院には、優しい色合いの有楽椿が咲きます。京都屈指の巨木の有楽椿は、散り姿にも風情があります。足利歴代将軍の木像や尊氏の墓、回遊式庭園など見所も豊富です。
  3. 桜の名所として知られる平野神社には、冬から春にかけて花開く「寒桜」が咲いています。気候が良ければ、超早咲きの「桃桜」や「河津桜」も咲いているかもしれません。

木漏れ日の散り椿北野天満宮 梅園平野神社 桃桜

行程(約4.2km)
北野天満宮・一の鳥居前(今出川通に面した鳥居) → 北野天満宮・梅苑(咲き誇る梅) → 平野神社(早春に咲く桜) → 二条天皇陵(後白河天皇の子) → 六請神社(等持院の鎮守社) → 等持院(有楽椿・足利歴代将軍木像) → 嵐電「等持院」駅 15時半頃(バス停へのアクセスもご案内します)

お申込みはこちらから

  • 当日は歩きやすい靴と服装でお越しください。
  • 雨天決行ですが、荒天の場合は中止することがあります。
  • 集合場所までの交通費は各自ご負担いただきます。
  • 花の開花状況により、写真と同様の光景が見られない場合があります。予めご了承ください。

ガイドのご紹介

吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。特技はお箏の演奏。

北野天満宮へは?

  • 京都駅から、市バス50・101系統。または、地下鉄今出川駅から市バス51・102・203系統
  • 京阪線から:「出町柳」駅から市バス102・203系統
  • 阪急線から:「西院」駅より市バス203系統