恵美須神社 十日えびすの舞妓さん

恵美須神社 舞妓さん

先日もご紹介をした恵美須神社十日えびす。11日は舞妓さんによる福笹の授与が行われました。

恵美須神社 舞妓さん恵美須神社では、10日を中心に、8日から12日にかけて十日えびすが行われ、今年は8日と9日に行われた「宝恵かご」の社参を先日ご紹介しました。11日は残り福で、14時~16時は祇園甲部の、20時~22時は宮川町の舞妓さんによる福笹の授与が行われました。今年は夜の宮川町の舞妓さんの様子を見に行ってみました。

恵美須神社 舞妓さん夜の時間帯ですが金曜日とあってか、境内は多くの方が訪れて熱気にあふれ、人の圧力もすごいものがありました。福笹は飛ぶように売れていきます。舞妓さんもひっきりなしで福笹を手渡していました。この日は8日の餅つきでできあがった福餅も授与されるため、他の日よりもお得といえるでしょう。十日えびすは12日で最終日を迎えました。京都の新年の風物詩、また来年以降も雰囲気を楽しむことができればと思います。

「京ごよみ手帳2019」訂正のお知らせ

・P39の三十三間堂「楊枝のお加持と大的大会」の日程が1月14日となっていますが、正しくは「1月13日」です。
・P225の「京都御所」のデータで、2番の休みは「月曜(祝日の場合は翌日)・年末年始・臨時休あり」です。
ご迷惑をおかけいたします。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

第14回京都検定1級(合格率2.2%)に最高得点で合格。気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。8年ぶりに受験した第13回京都検定で再度1級に合格し「京都検定マイスター」となる。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳」監修。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.