再建予定の高台寺の小方丈


高台寺 再建予定の小方丈

先日、高台寺に訪れると小方丈再建予定の看板が立っていました。

高台寺 再建予定の小方丈東山にある高台寺は豊臣秀吉の妻・高台院ねねゆかりの寺院で、この時期は夜間拝観が行われて人気を集めます。その様子は先日ご紹介しましたが、現在「(大)方丈」の北側に小方丈が再建される予定との看板が立っていました。内部の襖絵はあくまでイメージで、このようになるわけではないようです。高台寺の創建時には現在よりも敷地が広大でより多くの建物がありましたが、度重なる火災によって失われているものも多くあります。

高台寺 再建予定の小方丈高台寺は夜間拝観を京都で最初に始めたお寺でもあり、集めた資金は失われた諸堂の再建や境内の整備に使われています。当初の小方丈は完成年間に火災で失われ、現在の圓徳院の地にあった伏見城から移築したねねの化粧御殿を移築しますが、それも幕末の火災(放火)で焼失してしまいました。現在は「(大)方丈」が大正時代の初めに再建されていますが、小方丈の再建がいよいよ実現に向かうことになります。現在は発掘作業が行われているそうで、以前の建物の規模などもわかってくるのかもしれません。発掘調査の状況によって再建時期は変わるそうですが、数年先には見事な建物が復活することを楽しみにしたいと思います。

「京ごよみ手帳2019」訂正のお知らせ

・P39の三十三間堂「楊枝のお加持と大的大会」の日程が1月14日となっていますが、正しくは「1月13日」です。
・P225の「京都御所」のデータで、2番の休みは「月曜(祝日の場合は翌日)・年末年始・臨時休あり」です。
ご迷惑をおかけいたします。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

第14回京都検定1級(合格率2.2%)に最高得点で合格。気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。8年ぶりに受験した第13回京都検定で再度1級に合格し「京都検定マイスター」となる。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳」監修。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.