小野小町ゆかりの随心院と勧修寺の花菖蒲へ

日時6月13日(土)13時30分~16時頃
集合地下鉄「小野」駅 改札前
参加費2500円(学生は500円) ※別途、拝観料900円が必要です

随心院勧修寺勧修寺

【終了しました。ご参加ありがとうございました。】
絶世の美女として名高い小野小町ゆかりの随心院から、睡蓮や花菖蒲が咲く勧修寺へと足を伸ばします。

ここが見どころ!

  1. 随心院は、小野小町が隠棲したとも伝わる場所にあります。化粧井戸や恋文を埋めた文塚をはじめ、老衰した小町の像(卒塔婆小町)など、小町を偲ぶことができる場所。お庭の苔は雨の時期にも映え、御所風の建物は京の雅を感じられます。
  2. 勧修寺は氷室池に咲く睡蓮や花菖蒲などが見頃。杜若も残っているかもしれません。藤原高藤と列子との恋のお話も残ります。近くの宮道神社は縁結びの御利益も。
行程(約2.9km、ほぼ平坦)
地下鉄・小野駅 → 小町カヤ → 随心院 → 宮道神社 → 勧修寺 → 小野駅にて解散

お申込みはこちらから

  • マスク着用でのご参加をお願いします。ガイドもマスク着用で行い、消毒液は当方でご用意いたします。
  • 帽子など熱中症対策も各自ご用意ください。
  • 当日は歩きやすい靴と服装でお越しください。
  • 雨天決行ですが、荒天の場合は中止することがあります。
  • 集合場所までの交通費は各自ご負担いただきます。
  • 状況により訪問先を微調整する可能性があります。また写真と同じ風景を見られない可能性もあります。ご了承ください。

ガイドのご紹介

吉村 晋弥(よしむら しんや)

京都検定1級に3年連続最高得点で合格(第14回~第16回、第14回合格率2.2%)、「京都検定マイスター」。気象予報士として10年以上。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2020」監修。特技はお箏の演奏。

地下鉄「小野」駅へは?

  • 京都駅から、JRで一駅「山科」駅下車。地下鉄東西線でに乗り換え、六地蔵行きに乗車、「小野」駅下車。
  • 京阪線から:「三条」駅で地下鉄にお乗り換え下さい。六地蔵行きに乗車、「小野」駅下車。
  • 阪急線から:「烏丸」駅で地下鉄に乗り換え。「烏丸御池」駅から地下鉄東西線で六地蔵行きにご乗車頂き「小野」駅下車。