春の花咲く天龍寺


天龍寺 山茱萸(さんしゅゆ)

天龍寺では春の花々が咲いています。

天龍寺天龍寺は嵐山にある世界遺産の寺院で、室町時代のはじめに足利尊氏が後醍醐天皇の菩提を弔うために創建した禅寺です。創建当初から伝わる曹源池庭園は、国の特別名勝に指定され、嵐山を借景とした雄大な池泉庭園の奥に石橋や滝組がある枯山水の香りもする名庭です。先日訪れた際には観光客の減少に加え、雨上がりというのもあってか、人はまばらでした。

天龍寺 有楽椿境内を奥に進むと、百花苑があります。百花苑は四季折々に花が咲き、どの時期も必ずと言っていいほど何かの花に出会える場所です。今年は例年より暖かい気候もあって、春の花が様々に咲いてきていました。一足早く春の雰囲気を感じることができました。しだれ桜も遠からず開花し、見ごろを迎えてくるでしょう。

天龍寺

天龍寺

天龍寺 ふきのとう

天龍寺 つくし

天龍寺 馬酔木(あせび)

天龍寺 椿

天龍寺 石楠花

天龍寺 ツツジ

天龍寺 木瓜

天龍寺 椿(光源氏)

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介

吉村 晋弥(よしむら しんや)

京都検定1級に3年連続最高得点で合格(第14回~第16回、第14回合格率2.2%)、「京都検定マイスター」。気象予報士として10年以上。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2020」監修。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.