雨の日にも美しい東福寺

東福寺

東福寺は雨の日もたいへん美しい場所です。

東福寺東福寺には拝観エリアが複数あります。方丈の周りの庭園は重森三玲による作庭で「八相の庭」とも呼ばれ、有料拝観することができます。紅葉が名高い通天橋とは別で拝観料が必要ですのでご注意ください。方丈周りの庭園は2014年に国の名勝に指定されたのをきっかけに「東福寺本坊庭園」が正式名称となりました。なお、今年の4月から拝観料が上がり、本坊庭園は500円、通天橋は600円、共通券が1000円となっています。11月10日~30日は通天橋のみで1000円、共通券はなしです。

東福寺紅葉の名所として名高い東福寺は、緑の眺めも抜群に綺麗です。この時期の雨の降る日に訪れると、通天橋や臥雲橋から望むカエデが雨で艶めいてたいへん見事。緑の色彩に包まれた中を歩くことができます。その中に、少し紫陽花(アジサイ)の花が咲いて彩を加えている様子もまた趣を感じられます。通天橋エリアは屋根のある廊下を歩いて進むことができ、雨の日にも足下が濡れにくいです。本坊庭園も同様です。緑の時期の東福寺はほとんど人影がなく、ゆっくり過ごすことができます。

東福寺

東福寺

東福寺

東福寺

東福寺

東福寺

東福寺

Instagram(インスタグラム)のアカウントを設けました!

積極的に京都の写真を投稿していきます。リンクはこちら。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介

吉村 晋弥(よしむら しんや)

京都検定1級に3年連続最高得点で合格(第14回~第16回、第14回合格率2.2%)、「京都検定マイスター」。気象予報士として10年以上。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2020」監修。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.