妙顕寺の桜ライトアップ


妙顕寺

妙顕寺のライトアップが4月5日まで行われています。

妙顕寺妙顕寺は、京都に日蓮宗を広めた日像上人によって創建されたお寺で、門下唯一の勅願寺として後醍醐天皇からも信仰された寺院です。境内は桜や紅葉が美しく、近年は春秋に芸術作品の展示とともにライトアップが行われるのが恒例となっています。

妙顕寺妙顕寺は境内のソメイヨシノが見事なお寺で、中にはピンクの濃い紅枝垂れ桜が混ざり、色彩が豊かな印象を受けます。31日に訪れるとソメイヨシノは見ごろで紅しだれ桜は咲き初めでした(四海唱導の庭は見ごろ)。現在は4月5日まで800円で特別拝観が行われており、夜にはライトアップも開催中です。自粛ムードもあってか、ほとんど人影はありませんでした。

妙顕寺また、昨年秋にも登場していた花が浮かんだ手水鉢も華やかでした。花の種類は違いますが、東山の法然院や長岡京の楊谷寺がこうした手水鉢の先駆けだと思いますが、最近は各地の社寺が同様に季節の花を浮かべることが増えています。展示されている芸術作品も見事で見ごたえがありました。

妙顕寺

妙顕寺

妙顕寺

妙顕寺

妙顕寺

妙顕寺

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介

吉村 晋弥(よしむら しんや)

京都検定1級に3年連続最高得点で合格(第14回~第16回、第14回合格率2.2%)、「京都検定マイスター」。気象予報士として10年以上。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2020」監修。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.