高台寺・圓徳院の紅葉

今夜(29日)、高台寺の圓徳院(えんとくいん)のライトアップを見てきました。まだまだ見頃で、今週末まで楽しめそうです。

圓徳院は高台寺の塔頭で、高台寺と合わせて拝観することが出来ます。高台寺よりは確実に空いていますし、座って眺めるお庭がメインですので、心行くまでじっくりと眺められるのが特徴です。特に奥のお庭(北庭)は、豊臣秀吉の妻・ねねが、伏見城で眺めていたお庭を移築したもので、桃山時代らしく巨石が並ぶ見事な枯山水の庭園を楽しむことが出来ます。

入ってすぐの南庭も紅葉が美しく、人によってはこの南庭の方が好みという方もいることでしょう。いずれにしてもそれぞれに紅葉が美しいお庭があるのが圓徳院。今夜は拝観終了の22時間際まで粘り「最後の拝観者」となって、ご覧のような人の写らない写真を撮って来ました。お隣の高台寺も紅葉が見ごろです。円徳院と合わせて拝観して頂くとよいでしょう。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.