平安神宮の花菖蒲


平安神宮

平安神宮の花菖蒲が咲いています。

平安神宮平安神宮の西神苑に咲くのは約200種類2000株もの花菖蒲。毎年楽しみに訪れる方も多く、京都屈指の名所です。花菖蒲は色とりどりですが、いずでも花の付け根部分が黄色く、水辺に咲くという特徴から、カキツバタやアヤメと区別をすることができます。京都では、勧修寺や梅宮大社も花菖蒲が名高く、他にも美しい穴場がいくつかあります。

平安神宮平安の苑には、日本の古典文学に登場する200種余りの花が植えられていて、6月の時期は、例年一足早く咲く「萩」を見つけることもできます。今年は新型コロナウイルスの影響でほとんど人影もなく、驚くほど閑散としています。海外の方も修学旅行生もいないだけでなく、一般の観光客もいません。お店も商売にならないため閉めており、たいへん残念な光景です。花はいましばらく見頃が続きますので、よければ足を伸ばしてみてください。

平安神宮

平安神宮

平安神宮

平安神宮

Instagram(インスタグラム)のアカウントを設けました!

積極的に京都の写真を投稿していきます。リンクはこちら。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介

吉村 晋弥(よしむら しんや)

京都検定1級に3年連続最高得点で合格(第14回~第16回、第14回合格率2.2%)、「京都検定マイスター」。気象予報士として10年以上。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2020」監修。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.