大晦日の平安神宮


平安神宮

大晦日に平安神宮を訪れました。

平安神宮12日の京都は円町の気象台で「0.8℃」まで下がり、予想最低気温2℃が低い方に外れました。円町で0.8℃であれば、周辺ではもっと下がっているので、多少雪が積もる場所もありました。ただ、南岸低気圧の降雪は非常に湿った雪で、日中は雨に変わったこともあって短時間で消えていったようです。今回は南山城も雪景色となりました。

平安神宮さて、平安神宮は例年大晦日の夜から開門されています。日付が変わる頃から初詣の人びとで賑わいますが、大晦日の夜は人もまばらで静かです。普段は目にすることができない夜の社殿はたいへん幻想的。平安神宮は、平安京を創始した桓武天皇と、幕末に京都で一生を終えた最後の天皇である孝明天皇をお祀りし、こちらに参拝をすれば京都中の神社に参拝をしたのと同じご利益を授かれるともいわれます。

平安神宮2020年の大晦日は年越しや初詣も例年とが違う雰囲気でしたが、八坂神社と比べると門前に露店も出て、例年に近いイメージでした。境内では大型のビジョンが左右に並んでいたのも目を引きました。2019年の大晦日にはありませんでした。また、密を避けるために、拝殿前には等間隔で印が打ち込まれているのが印象的。初詣では訪れていませんが、うまくコントロールできていたでしょうか。各社寺の苦心が見て取れるようでした。

平安神宮

平安神宮

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介

吉村 晋弥(よしむら しんや)

京都検定1級に3年連続最高得点で合格(第14回~第16回、第14回合格率2.2%)、「京都検定マイスター」。気象予報士として10年以上。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2020」監修。特技はお箏の演奏。

Instagram(インスタグラム)のアカウントを設けました!

積極的に京都の写真を投稿していきます。リンクはこちら。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.