京都市京セラ美術館のナイト・ウィズ・アート2020


京都市京セラ美術館

10月3日夜に、京都市京セラ美術館で「ナイト・ウィズ・アート2020」が行われました。

京都市京セラ美術館今年は10月3日が「ニュイ・ブランシュ(白夜祭)」で、今年リニューアルが終わった、京都市京セラ美術館(旧・京都市美術館)の夜間延長開館もありました。まず、目を引くのが美術館前に置かれた、鈴木康広氏の「空気の消息」と名付けられた大きな人形の透明な”空気の人”です。横に寝かされた姿で展示されていて、インパクトがありました。

京都市京セラ美術館美術館内はコレクション展を見ましたが、竹内栖鳳の作品は撮影が可能でした。美術館内はあちこち歩くのも楽しく、2階のテラスから眺めるライトアップされた美術館の裏の光景は、たいへん綺麗。訪れた時間帯は雲が出て月は見えませんでしたが、月を望むにも最高の場所だと感じます。この空間では白夜に関する句が流れてきていました。ちゃんと芸術空間となっています。

京都市京セラ美術館美術館を見学して22時前に外へ出てくると、等身大サイズの透明な人形が宙に浮かんでいました。多くの人が驚いて写真を撮っていましたが、よく見ると透明な釣り糸で結ばれているようです。本当に浮いているようで、見事な演出でした。ちょうど月も姿を現し、空気の人がお月見をしているようにも見えました。一夜限りの芸術的な夜。面白いものを見させていただきました。

京都市京セラ美術館

京都市京セラ美術館

京都市京セラ美術館

京都市京セラ美術館

京都市京セラ美術館

京都市京セラ美術館

京都市京セラ美術館

『京ごよみ手帳2021』休刊のお知らせ

宮帯出版社様より例年発行されております「京ごよみ手帳」の2021年版は、残念ながら休刊となっております。新型コロナウィルス感染予防のため様々な行事が中止・縮小され、来年の行事予定がわからないという場所が多い状況です。毎年、ご利用頂きました皆様にはご不便をおかけいたします。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介

吉村 晋弥(よしむら しんや)

京都検定1級に3年連続最高得点で合格(第14回~第16回、第14回合格率2.2%)、「京都検定マイスター」。気象予報士として10年以上。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2020」監修。特技はお箏の演奏。

Instagram(インスタグラム)のアカウントを設けました!

積極的に京都の写真を投稿していきます。リンクはこちら。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.