3ヶ月予報 6月~8月


青蓮院前

25日に、6月~8月の3ヶ月予報が発表されました。

京都市役所前5月も下旬となり、毎月1回(25日頃発表)の3ヶ月予報が出てきました。6月~8月は梅雨から盛夏の期間に相当しますが、全国的には東日本、西日本では気温が高い確率がいずれの地域も50%と最も高く、今年の夏は高温傾向といえるでしょう。平年並は30%、低い確率は20%です。一方、東北・北海道は平年並と高い確率がいずれも40%です。

南禅寺舟溜り近畿地方の予想を見ると、6月の降水量の予想は平年並40%、多い40%で平年よりも多くなる可能性も示唆されています。近畿地方の梅雨入りの平年日は6月7日ですが、それよりやや早くなる可能性や、梅雨入りそうそうに大雨が降る可能性もあるかもしれません。3ヶ月全体では日本の南で太平洋高気圧の西への張り出しが例年より強く、高気圧の周辺を回る湿った空気の影響を受けやすい時期もある見込み。梅雨は例年大雨の被害が発生する時期で、台風と絡むとさらに危険です。いよいよ大雨の被害が発生する時期も間近と捉えていただき、心構えをしていただければと思います。

Instagram(インスタグラム)のアカウントを設けました!

積極的に京都の写真を投稿していきます。リンクはこちら。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介

吉村 晋弥(よしむら しんや)

京都検定1級に3年連続最高得点で合格(第14回~第16回、第14回合格率2.2%)、「京都検定マイスター」。気象予報士として10年以上。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2020」監修。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.