迎え鐘が響く六道珍皇寺の「六道まいり」と夜の若宮八幡宮へ

日時8月8日(火) 散策:19時~21時頃
集合京阪「清水五条」駅 改札前
参加費2000円(学生は500円) ※別途、拝観料なし。

六道珍皇寺 迎え鐘若宮八幡宮の石橋五条坂 陶器まつり

【終了しました。ご参加ありがとうございました。】
お盆にご先祖様の霊を迎える京都の風物詩「六道まいり」。迎え鐘が響く六道珍皇寺や西福寺、若宮八幡宮、五条坂陶器まつりを訪ねます。

ここが見どころ!

  1. 六道珍皇寺の界隈は葬送地・鳥辺野への入り口で、あの世とこの世の境目という意味の「六道の辻」と呼ばれました。寺の境内には先祖を迎える迎え鐘が響き渡ります。
  2. 西福寺では、美貌の檀林皇后の姿が朽ちていく様を描いた衝撃の絵も。
  3. 五条坂では陶器まつりが開催され、若宮八幡宮には珍しい陶器神社が祀られています。夜の境内は幻想的です。
行程(約1.8km)
京阪「清水五条駅」改札前 → 六波羅蜜寺 → 西福寺 → 六道珍皇寺 → 若宮八幡宮 → 五条坂陶器まつり(解散、最寄り駅:清水五条駅まで徒歩7分程度)

お申込みはこちらから

  • 当日は歩きやすい靴と服装でお越しください。
  • 雨天決行ですが、荒天の場合は中止することがあります。
  • 集合場所までの交通費は各自ご負担いただきます。
  • 状況により写真と同じ光景を見られない可能性もあります。ご了承ください。

ガイドのご紹介

吉村 晋弥(よしむら しんや)

気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。8年ぶりに受験した第13回京都検定で再度1級に合格し「京都検定マイスター」となる。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2017」監修。特技はお箏の演奏。

 

京阪「清水五条」駅へは?

  • 京都駅から電車の場合
    JR京都駅から奈良線で1駅「東福寺」駅下車、京阪線にお乗り換え。出町柳方面行きで「清水五条」駅下車。
  • 阪急線の場合
    「河原町」駅で下車。徒歩で四条大橋を渡り、京阪「祇園四条」駅から京阪線で「清水五条」駅下車。