白梅が咲き誇る青谷梅林 五里五里の里と山背古道あるき

日時3月10日(日) 散策:13時~16時頃
集合JR「山城青谷」駅 改札前
参加費2000円(学生は500円) ※別途、拝観料なし。

青谷梅林 見頃の梅青谷梅林 見頃の梅青谷梅林 梅まつりにて

【終了しました。ご参加ありがとうございました。】
栽培用の約1万本の白梅の花が咲き誇る、城陽市の青谷梅林。かぐわしい梅の香りとのどかな風情、城陽の歴史を歩きます。

ここが見どころ!

  1. 京都府南部の城陽市は京都府下最大の梅の生産地で、生産梅林を公開した「青谷梅林」には約1万株の白梅が咲きます。毎年、梅の咲く頃には「梅まつり」が行われ、のどかな雰囲気がただよう会場では地元の特産品なども販売されます。
  2. 五里五里の里と呼ばれる城陽や青谷梅林の歴史、旧長池宿や周辺の見所など、「山背古道」を歩きながら、その魅力を感じましょう。
行程(約4.1km)
JR山城青谷駅 → 中天満神社 → 青谷梅林 → 山背古道 → 旧長池宿 → 大蛇の池 → JR長池駅(解散)

お申込みはこちらから

  • 当日は歩きやすい靴と服装でお越しください。
  • 雨天決行ですが、荒天の場合は中止することがあります。
  • 集合場所までの交通費は各自ご負担いただきます。
  • 状況により写真と同じ光景を見られない可能性もあります。ご了承ください。

ガイドのご紹介

吉村 晋弥(よしむら しんや)

第15回・第14回京都検定1級(合格率2.2%)に2年連続最高得点で合格。「京都検定マイスター」。気象予報士として10年以上。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2019」監修。特技はお箏の演奏。

JR「山城青谷」駅へは?

  • 京都駅からJR奈良線で、みやこ路快速に乗り城陽駅下車、各駅停車に乗り換えて山城青谷駅までお越し下さい。12時03分京都駅発→城陽駅で乗り換え→12時37分に山城青谷駅着。
  • 京阪線の場合、東福寺駅で下車。JR線に乗り換えいただき山城青谷駅へお越し下さい。12時05分東福寺駅発→城陽駅で乗り換え→12時37分に山城青谷駅着。