JR向日町駅前のからっキー像

からっキー像

JR向日町駅前にはご当地キャラのからっキーの像が立っています。

JR向日町駅京都市の南西にある向日市は、西日本で一番面積が小さい市で、タケノコの産地としても知れられています。一方、町おこしの一環で近年注目されているのが「激辛商店街」です。「辛いけど旨い」食べ物を提供するお店が増え、毎年「KARA-1グランプリ」なる「辛くて旨い=辛旨(からうま)」ナンバーワンを決める大会も開催されています。2019年も10月20日(日)に「KARA-1グランプリ2019」が開催予定。昨年は11万人を超える来場者があった人気イベントです。時間は10時~16時、場所は京都向日町競輪場。出店の詳細は今後、激辛商店街のホームページで告知されるかと思いますのでご確認下さい。

からっキー京都激辛商店街のキャラクターが「からっキー」。唐辛子の形をした顔の輪郭は、アゴが長く伸びて印象に残ります。一度見たら覚えられそうなキャラクターです。JR向日町駅前にはその「からっキー」の像も建っていて向日市へと迎えてくれます。激辛商店街のお店は阪急東向日駅周辺に多いので、そのまま西へと歩いて行くとよいでしょう。お店も激辛商店街のホームページで確認が出来ます。

からっキーを探せ!また、JR向日町には「からッキーを探せ!」というパネルが置かれています(2019年8月現在)。一見、たくさんの「からっキー」が描かれていますが、よく見ると顔の形がピーマンだったり、目の形や体の色、胸に描かれている「か」の文字、頭のヘタの向きなど細かい部分が違っていて、本物の「からっキー」を見つけ出すのは至難の業です。駅の待ち時間などにチャレンジして頂くとよいでしょう。

からっキーを探せ!

からっキーを探せ!

からっキー像

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

第15回・第14回京都検定1級(合格率2.2%)に2年連続の最高得点で合格。気象予報士として10年以上。京都検定マイスター。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳」監修。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.