鹿王院の紅葉とライトアップ


鹿王院 ライトアップ

嵐山エリアの鹿王院(ろくおういん)は遅くまで紅葉が美しい場所のひとつです。

鹿王院鹿王院は、嵐電・鹿王院駅のほど近くにあり、紅葉の穴場と呼べるお寺です。JRの嵯峨嵐山駅からも歩いていくことができます。寺は室町時代の初期、足利義満が自信の延命を願って創建した宝幢寺の塔頭に始まります。入り口の山門や客殿には義満の字による額がかかっており、その筆跡がうかがえます。

鹿王院鹿王院の魅力のひとつは境内の奥へと続く長い参道。木々に包まれた参道を歩けば木漏れ日が心地よく、紅葉の時期はカエデが色づいてとても素敵です。京都屈指のおすすめの参道です。鹿王院は観光地の嵐山に近いものの、その場所柄、紅葉シーズンでも比較的人が少なくゆっくりと参道を歩くことができます。

鹿王院境内を拝観すると客殿の前から嵐山を借景とするお庭が望めます。縁側に座って心行くまで時を過ごしてみてください。建物では舎利殿が目を引きます。鎌倉幕府の3代将軍・源実朝が宋の国から手に入れた仏牙舎利(ぶつげしゃり)を安置するお堂。仏牙舎利とは、お釈迦様の歯のことで、仏の説法が発せられる部分として仏舎利の中でも最も価値があるとされました。舎利殿の中にも入ることができますので、仏舎利が納められた厨子を守る四天王の像などを眺めてみてください。なお仏牙舎利は、10月15日にのみ公開されます。

鹿王院 ライトアップ紅葉は参道は週明けにかけて楽しめまそう。今年も完全予約制でライトアップが行われており、すでに訪れてきました。大変美しい光景に出会えました。料金は1500円で、お抹茶と手拭い、お守りが付いています。当日の入山は19時までで19時半終了と早めですのでご注意ください。

鹿王院 ライトアップ鹿王院のライトアップは奥へと続く参道の美しさもさることながら、闇夜に輝く舎利殿が印象的。奥には暗がりの中にうっすらと嵐山の稜線が見えるのも印象的でした。お抹茶のおもてなしもありがたく、ほっとできます。あまり夜にお抹茶を頂く機会もありませんので、非日常の感じがしました。そして人が少なく、特に後半はとても静かにお庭と向き合うことができます。総合的に見て、京都ナンバーワンと言ってもよいライトアップです。来週初めまでは紅葉も楽しめると思いますし、平日はまだ空きがありますので、お時間の許す方はご予約の上、足を延ばしてみてください。

ブログ未公開の紅葉情報を随時公開中!

  • Facebookのグループ機能を利用したページ内で、ブログでは未公開の写真や動画、私が眺めている日々の京都の風景や行事、天気の解説などを月額680円で公開中。詳細やお申込みはこちらから。運営をされているDMM経由のお申込みとなります。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。8年ぶりに受験した第13回京都検定で再度1級に合格し「京都検定マイスター」となる。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2018」監修。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.