見納めの御室桜と「泣き桜」

仁和寺 4月19日

仁和寺の御室桜は19日の段階で落花さかんとなり、京都の桜も八重桜を除くと終盤に入っています。

仁和寺 4月19日京都の桜は、ソメイヨシノはほとんど散り果て、現在は八重桜が見ごろとなってきています。八重桜も各地に植えられており、意外な場所で花を咲かせている桜に出会えることでしょう。「京都の桜の最後」といえば、真っ先に仁和寺が思い浮かぶ方もおられるかもしれません。今年は例年より遅れて見頃となりましたが、19日の段階では「落花さかん」となっています。

仁和寺 4月19日御室桜は、仁和寺境内にある桜の総称で、特定の種類ではありませんが、境内の中門を入って左側に広がる桜苑は「御室有明」という特殊な種類で埋まり、この桜が一般的には御室桜と呼ばれています。この御室有明は、背が高くならないのが特徴。桜の下に粘土質の土壌があり土中に酸素や栄養分が少なく、桜が根をのばせない要因の一つにはなっているそうです。

仁和寺 4月19日仁和寺の桜は、江戸時代から吉野の桜に優るとも劣らないと人気を博し「わたしゃお多福 御室の桜 はなが低くても 人が好く」と歌われました。「はな(花・鼻)」が掛け言葉になっています。満開の桜は、まさに桜の雲海と呼ぶにふさわしく、その雲の中を泳ぐように散策し、ひょっこりと顔を出す五重塔を探すのが楽しみのひとつ。ただし、満開の期間は例年3日程度しかなく、見ごろに当たるのが難しい桜でもあります。今年は15日~17日の3日間が満開の期間でした。散る際も2-3日で散ってしまうので、とにかく急いで見に行く必要があるのです。

仁和寺 4月19日御室桜は散り際も美しく、まるで雪が積もったかのように地面が白く覆われる光景はたいへん見事。満開時よりも好みという方もおられるほどですので、あえて訪れてみるのもよいでしょう。ただ、今週末の土日までは持たない可能性が高く、桜が終了すると桜苑への立ち入りは来年まで出来なくなります。

仁和寺 泣き桜 4月19日御室桜の散るころにだけ見られるのが通称「泣き桜」。仁和寺桜苑の北西角にある一本の桜の木で、今日(19日)の段階でまだ咲きはじめ。御室桜の中でも特に開花が遅い一本で、新種ではないかとして近年注目されています(仁和寺は公式に揚道桜(ようどうざくら)と命名されています)。清楚な花を咲かせる美しい桜ですが、桜苑への立ち入りができなくなると人に見てもらえないため「泣き桜」と呼ばれています。ということで、咲いている場面を見られるのはあとわずか。20日に行かれる方は、是非愛でてあげてください。

未公開の京都写真・京都の天気の解説など、京都情報を発信するFacebookグループ運営中!

  • Facebookのグループ機能を利用したページ内で、ブログでは未公開の写真や動画、私が眺めている日々の京都の風景や行事、天気の解説などを月額680円で公開中。詳細やお申込みはこちらから。運営をされているシナプスさん経由のお申込みとなります。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。8年ぶりに受験した第13回京都検定で再度1級に合格し「京都検定マイスター」となる。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2017」監修。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.