緑に包まれた宝厳院の境内


宝厳院

6月30日まで公開されている天龍寺の宝厳院(ほうごんいん)。その美しい緑の境内をご紹介します。

宝厳院このブログではよくご紹介をしている宝厳院。天龍寺の南にあって行きやすく、春秋に特別公開をされて、いずれも大変美しい光景に出会えるお寺です。寺は室町時代に創建され、現在地には2002年に移ってきましたが、庭園は室町時代の作庭で、仏が説法する様子を意味する「獅子吼(ししく)の庭」と呼ばれています。庭園内を散策し、目から入る風景のみならず、耳から入る鳥の声や風の音を聴いて、人生の心理を肌で感じることを意図した庭園とされます。

宝厳院宝厳院の公開は春と秋の期間限定で、例年6月30日までは、青葉の庭が公開されています。ちなみに非公開の期間は時代劇の撮影にも使われているそう。境内は苔も見事でよく手入れされていて、この時期はとても気持ちのよい緑の空間が広がっています。宝厳院のお庭の特徴は、大きな巨岩があしらわれていること。その存在感は庭園でも際立っています。江戸時代の、都林泉名勝図絵には、現在地にもともと存在していた妙智院の庭園の絵図があり、現在も宝厳院の庭園にある「獅子岩」が描かれています。

宝厳院 茶席天龍寺は大いに賑わっていますが、この時期の宝厳院は拝観者も少なめで、素晴らしいお庭を静かに散策をできるのが魅力です。さらにおすすめなのは、お抹茶を頂くこと(+500円)。茶席は茅葺の建物に上って時を過ごすことができ、奥に座せば額縁状の素晴らしい眺めを堪能できます。これぞ多くの方が求める京都らしい空間ではないでしょうか。もちろん縁側に座ることもできます。鳥の鳴き声に耳を澄まし、しばし非日常の時を過ごしてみてください。

宝厳院

宝厳院

宝厳院

宝厳院

「京ごよみ手帳2019」訂正のお知らせ

・P39の三十三間堂「楊枝のお加持と大的大会」の日程が1月14日となっていますが、正しくは「1月13日」です。
・P225の「京都御所」のデータで、2番の休みは「月曜(祝日の場合は翌日)・年末年始・臨時休あり」です。
ご迷惑をおかけいたします。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

第15回・第14回京都検定1級(合格率2.2%)に2年連続の最高得点で合格。気象予報士として10年以上。京都検定マイスター。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳」監修。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.