竹の寺・地蔵院の紅葉


地蔵院 12月13日

洛西にある竹の寺・地蔵院の門前の紅葉がまだ見ごろです。

地蔵院 12月13日多くの参拝者で賑わう鈴虫寺の南にあるお寺が地蔵院です。地蔵院は入口の竹の参道がたいへん美しい一方で、カエデの木も多く、紅葉シーズンには隠れた紅葉スポットとも言えるお寺です。寺は室町幕府の管領・細川頼之が創建した大寺でしたが、応仁の乱によって衰え、現在は再建された本堂と方丈、庫裏などが佇む静かな境内となっています。枯山水の十六羅漢の庭が京都検定のテキストでも紹介されていますが、そこは写真撮影ができませんのでご注意ください(参道は撮影可)。

地蔵院 12月13日先週ご案内で訪れた地蔵院。今年は紅葉が非常に遅くなっているため、今日(13日)改めて訪れてみると、入り口の参道の紅葉は見事な色付きとなっていました。日陰のカエデのため色は黄色なのが特徴です。たまたま前を通りかかった方はずいぶんと感動していました。それくらい見事な紅葉です。ただ、見ごろは終盤で見ている間にも葉は散って行っていました。京都の紅葉は最終盤。火曜日の雨で散ってしまう可能性もあるため、お早めに足を延ばしてみてください。

日々の京都情報を発信するFacebookグループを始めました!

  • Facebookのグループ機能を利用したページ内で、ブログでは未公開の写真や動画、私が眺めている日々の京都の風景や、行事の見学ノウハウなどを月額680円で公開中。詳細やお申込みはこちらから。運営をされているシナプスさん経由のお申込みとなります。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2016」監修。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.