特別公開の木島桜谷旧邸・櫻谷文庫

木島桜谷旧邸

先日、特別公開中の木島桜谷旧邸を訪れました。

木島桜谷木島桜谷(このしま おうこく)は、明治から昭和にかけて活躍をした画家です。16歳で今尾景年に弟子入りして絵を学び、若いころより評価を得て竹内栖鳳と並ぶ人気を得ました。しかし代表作である「寒月」が夏目漱石から酷評されるなど、画風には当時から賛否がありました。多忙に絵を描き続けるかたわら、大正の初めに当時まだ長閑な風景が残っていた衣笠村に移り住み、画業に専念することになりました。衣笠は桜谷の転居後、土田麦僊、山口華陽、堂本印象など、様々な画家が移住するようになり「衣笠絵描き村」とも呼ばれるようになります。ただ、桜谷は晩年に精神を病み、最期は京阪電車に轢かれて亡くなりました。昭和13年のことでした。

木島桜谷旧邸現在、衣笠に残された木島桜谷の旧邸や遺作・収蔵品は「櫻谷文庫」として保存され、普段は非公開ですが数年前から特別公開される機会があります。この春は4月7日までの土日祝(10時~16時、600円)が公開日となっていて、伊藤若冲の絵も公開されています。今年は金曜日が公開されていませんのでご注意ください。

木島桜谷旧邸建物は和館と洋館があり、それぞれ桜谷のこだわりが随所にみられる造りとなっています。和館の方には、ひな人形や竹久夢二の人物画を人形にした「夢二人形」が展示されており、近づいてじっくり見ることもできます。また、桜谷が生前に孫のために残した自ら下絵を描いた婚礼衣装も展示されています。この婚礼衣装は、孫がまだ10代の頃に用意されたもので、桜谷が亡くなってから9年後に実際に使われました。

木島桜谷旧邸さらに近年、桜谷の孫の孫(玄孫)にあたる女性が、この婚礼衣装を身に着けて結婚式を挙げられました。時を超えて2度も婚礼に用いられた衣装。桜谷の残した思いが受け継がれているお話に感動します。さて、洋館の方は2階に伊藤若冲と与謝蕪村の絵が展示されています。隣りの部屋には桜谷が描いた「わらび」の絵もありますので、お見逃しなく。

木島桜谷旧邸洋館を見学した後は、テニスコートを回り込んで裏側にある画室も公開されていますので訪れてみてください。絵の具が残る机や広々とした空間が往時を偲ばせてくれます。桜谷についても学べ、人となりも偲べる特別公開。館内の写真撮影もOKです。機会がありましたら足を延ばしてみてください。京都旅屋の散策でも3月17日に午後に訪れる予定です。

木島桜谷旧邸

木島桜谷旧邸

木島桜谷旧邸

木島桜谷旧邸

木島桜谷旧邸

「京ごよみ手帳2019」訂正のお知らせ

・P39の三十三間堂「楊枝のお加持と大的大会」の日程が1月14日となっていますが、正しくは「1月13日」です。
・P225の「京都御所」のデータで、2番の休みは「月曜(祝日の場合は翌日)・年末年始・臨時休あり」です。
ご迷惑をおかけいたします。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

第15回・第14回京都検定1級(合格率2.2%)に2年連続の最高得点で合格。気象予報士として10年以上。京都検定マイスター。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳」監修。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.