植え替えられた龍安寺石庭のしだれ桜

龍安寺 4月14日

京都の春の名物だった龍安寺石庭のしだれ桜が植え替えられています。

龍安寺 石庭石庭で名高い龍安寺は、四季折々の風景も大変に美しいお寺です。鏡容池の周りはいつ訪れても素晴らしく、京都初心者の方から京都通の方まで楽しめるお庭でしょう。中でも春には石庭の塀の上から覆うように咲く遅咲きのしだれ桜が名物でした。2012年にはJR東海のキャンペーン「そうだ京都、行こう。」のポスターにもなり、その素晴らしい姿は多くの人々を魅了してきました。

龍安寺しかし昨年は遅咲きのしだれ桜に大きな異常が起こっていました。花芽が極端に少ない枝が目立ち、満開であってもほとんど咲いていないように見えるのです。龍安寺石庭の桜も、たいへん寂しい花付きで、その変わりようにショックを受けたほどでした。昨年の遅咲きしだれ桜の花付きの悪さは龍安寺に限った話ではなく、京都各地で見られました。昨年のブログにも書きましたので、気になる方は改めてご覧ください。

龍安寺 4月14日実は今年も、すべての木がというわけではないものの、早咲きしだれ桜と遅咲きしだれ桜のそれぞれで、例年に比べると花芽が少ない木が散見されました。遅咲きのしだれ桜に限っては昨年よりは回復している木が多いものの、往年と比べると花付きが悪い木が依然としてあります。これだけ各地でとなると、恐らく気候が関係しているのでしょう。あくまで想像ですが、近年は夏が暑く、9月になっても10月になっても、なかなか涼しくなりません。こうした環境の変化が、もしかするとしだれ桜にダメージを与えているのかもしれません。

龍安寺 4月14日各地で花付きが悪かった昨年ですが、龍安寺のしだれ桜はたいへん残念なことに昨年の春以降に枯れてしまい、新しいしだれ桜が植えられました。まだ小さな木で、当分は往年のような石庭を覆う姿は目にすることができません。そのかわり、今年は例年以上にソメイヨシノの存在が際立って見えました。この木も立派ですので、往年のしだれ桜にかわって石庭を華やかに見せてくれています。さて、京都全体ではほかにも枯れてしまった木を確認していますが、まだ多くは花付きが悪いながらも枯れてはいません。こうした傾向がこの数年続くのか、あるいは回復をしてくるのか、よく注視しておかねばと思います。なお、私が訪れた14日の段階では、龍安寺境内西側のしだれ桜並木は大変素晴らしい花付きで咲き誇っていました。今年の花付きは、木によって差が大きいように感じます。

龍安寺 4月14日

龍安寺 4月14日

龍安寺 4月14日

龍安寺 4月14日

龍安寺 4月14日

未公開の京都写真・京都の天気の解説など、京都情報を発信するFacebookグループ運営中!

  • Facebookのグループ機能を利用したページ内で、ブログでは未公開の写真や動画、私が眺めている日々の京都の風景や行事、天気の解説などを月額680円で公開中。詳細やお申込みはこちらから。運営をされているシナプスさん経由のお申込みとなります。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。8年ぶりに受験した第13回京都検定で再度1級に合格し「京都検定マイスター」となる。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2017」監修。特技はお箏の演奏。


One Response to “植え替えられた龍安寺石庭のしだれ桜”

  1. コウノナホ says:

    う~ん。
    吉村さんはいろんなヒト、モノ、コトの目線にあわせて、考えたり見ることができるんですね。
    たくさん、気づかせてもらってます。
    ありがとうごさいます。

コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.