早朝の嵐山と天龍寺


嵐山と渡月橋 11月24日

11月24日に嵐山を訪れ、天龍寺の早朝参拝をご案内させていただきました。

嵐山と渡月橋 11月24日毎年紅葉の時期に行われるのが天龍寺の早朝参拝。通常より1時間早く午前7時半から曹源池庭園からの眺めを楽しむことができます。今年も「まいまい京都」さんの散策でご案内をさせていただきました。早い時間帯でしたが、多くの方にご参加いただきありがとうございました。

嵐山と渡月橋 11月24日さて、柔らかい朝日を正面に受ける嵐山は早朝がたいへんに美しいのです。空気は澄んで観光客も少なく、静かに散策ができます。世界遺産の天龍寺も昼間の混雑は激しいですが、早朝参拝の時間帯は空いています。頑張って早起きをすると素晴らしい眺めに出会えます。私も毎年一度は訪れる時間帯です。

嵐山と渡月橋 11月24日この日は最初のうちは光が差し込んでいましたが、やがて太陽は雲に隠れてしまいました。ただ紅葉は美しく、嵐山の晩秋の雰囲気を十分に感じることができました。今年は紅葉の経過が遅めで、12月初めにかけて楽しめそうです。天気の良い日に早起きをして嵐山に訪れてみて下さい。

「京ごよみ手帳2019」訂正のお知らせ

・P39の三十三間堂「楊枝のお加持と大的大会」の日程が1月14日となっていますが、正しくは「1月13日」です。
・P225の「京都御所」のデータで、2番の休みは「月曜(祝日の場合は翌日)・年末年始・臨時休あり」です。
ご迷惑をおかけいたします。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

第14回京都検定1級(合格率2.2%)に最高得点で合格。気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。8年ぶりに受験した第13回京都検定で再度1級に合格し「京都検定マイスター」となる。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳」監修。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.