嵐山駅のキモノフォレスト


キモノフォレスト

先日、嵐電の嵐山駅キモノフォレストに訪れました。

キモノフォレスト嵐電の嵐山駅には、2013年7月から京友禅の光るポールが並ぶ「キモノフォレスト(友禅の光林)」が輝いています。構内に600本も林立していてその間を歩くこともでき、電車に乗らなくても自由に見ることができます。昼間も十分綺麗ですが、暗くなりはじめる夕暮れ時からはさらに美しくなり、夜に電車で来ると、駅に来たとは思えないほどの幻想的な輝きがあります。

キモノフォレスト大変絵になりますので、撮影にもおススメ。通年で点灯されています。柄も全部で32種類あるそう。一番奥には天龍寺の龍にちなんだ「龍の愛宕池」もあり、希望が叶う場所とされています。カメラを水面に近づけると反射した光が写ってさらに綺麗です(カメラ等を水に落とさないようにご注意を)。特に暗くなる時間帯に嵐山に行かれる際はぜひご覧になってみてください。

「京ごよみ手帳2019」訂正のお知らせ

・P39の三十三間堂「楊枝のお加持と大的大会」の日程が1月14日となっていますが、正しくは「1月13日」です。
・P225の「京都御所」のデータで、2番の休みは「月曜(祝日の場合は翌日)・年末年始・臨時休あり」です。
ご迷惑をおかけいたします。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

第15回・第14回京都検定1級(合格率2.2%)に2年連続の最高得点で合格。気象予報士として10年以上。京都検定マイスター。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳」監修。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.