山間に咲く黒田百年桜


黒田百年桜

京都市の右京区山間部にある黒田百年桜。25日に訪れると満開でした。

黒田百年桜黒田百年桜は京都市右京区京北町の山間部に咲く遅咲きの桜です。常照皇寺から国道477号を東へ行くと道路に面して春日神社があり、その隣に咲いています。無料の駐車場もありますので、お車の方は常照皇寺と合わせて訪れてみるのがおすすめです。25日はちょうど満開でした。

黒田百年桜この桜が植わる右京区京北町宮地区は、近世以前は黒田宮村と称していました。その氏神である春日神社の脇にはかつて桜の大木がありましたが、明治6年の台風により倒れ、これを惜しんだ人々が跡に八重桜を植えました。ところが通常の桜と思って植えたものが、実は山桜の突然変異で一重と八重の混じり咲く珍しい種とわかり、京の桜守として知られる15代目・佐野藤右衛門さんにより昭和42年に「百年桜」と命名されました。名前の由来は、当時で樹齢はおよそ100年であったことと、明治百年にあたることによるそうです。以上は、右京区役所のホームページを参考にしましたが、現地の案内板では樹齢は300余年とされており、いずれが正しいかはよくわかりません。

黒田百年桜一重と八重が混じる品種といえば、京都御所の宜秋門の向かいに植わる「御車返しの桜」があります。黒田百年桜も確かに一重と八重があり不思議です。花は優しいピンク色でとても綺麗でした。私が訪れたのが夕方だっため、地元の方以外は人がおらず、静かに満開の桜を楽しませていただきました。

黒田百年桜突然変異のため種子はできないそうですが、佐野藤右衛門親子(15代目・16代目)が、約30年もの苦労の末に苗づくりに成功し、昭和58年に造幣局の桜の通り抜け百年を記念して2本の若木が造幣局に植えられたそうです。貴重な桜が受け継がれていくのは素晴らしいことです。黒田百年桜は今週末までは見られるのではないでしょうか。また、いつか訪れてみたいと思う桜でした。

未公開の京都写真・京都の天気の解説など、京都情報を発信するFacebookグループ運営中!

  • Facebookのグループ機能を利用したページ内で、ブログでは未公開の写真や動画、私が眺めている日々の京都の風景や行事、天気の解説などを月額680円で公開中。詳細やお申込みはこちらから。運営をされているシナプスさん経由のお申込みとなります。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。8年ぶりに受験した第13回京都検定で再度1級に合格し「京都検定マイスター」となる。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2017」監修。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.