大覚寺の桜景色


大覚寺 4月2日

2日に大覚寺を訪れると、大沢池を囲むように植えられた桜が散りつつも見事でした。

大覚寺 4月2日京都のソメイヨシノは桜吹雪に入っています。各地で舞って美しい風情を醸し出し、遅咲きの紅枝垂れ桜が盛りを迎えています。桜は散り際も大変綺麗で魅力的。今年は晴れ続きということもあって、桜の花もゆっくりと散っているように感じます。ただ、実際には気温が高いため見頃の期間は短く、早くも御室桜が見頃となっているように、桜吹雪の風情もあと少しになりそうです。

大覚寺 4月2日大覚寺では、大沢池の北側に桜の花びらが集まっていて綺麗でした。ちょうど木に残っている桜と散って池に浮かぶ桜とのバランスがよく、木々の木陰には心地よい風が吹いていました。水辺の桜は散り際もたいへん綺麗ですので、おすすめです。大覚寺の桜景色は写真でご覧ください。

大覚寺 4月2日

大覚寺 4月2日

大覚寺 4月2日

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。8年ぶりに受験した第13回京都検定で再度1級に合格し「京都検定マイスター」となる。第14回京都検定1級(合格率2.2%)に最高得点で合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2018」監修。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.