まだ美しい龍安寺の桜と仁和寺の泣き桜

仁和寺の泣き桜

22日に、ご案内で龍安寺と仁和寺を訪れました。桜は最終盤ですが、まだ美しい桜が咲いていました。

龍安寺各地で八重桜がきれいに咲いていますが、龍安寺では境内西の桜苑の遅咲きの紅しだれ桜がまだ美しく咲いていました。散り始めてはいますが、日曜日までは楽しめるのではないでしょうか。また、石庭の裏に新たに植えられたしだれ桜も花を咲かせています。立派なしだれ桜が枯れてしまったのは残念ですが、こうして新しい桜が最初に花を咲かせる様子を見ることができたことは嬉しく思います。

仁和寺の泣き桜一方、仁和寺では御室桜は概ね散り果て、境内は無料に戻っています。例年は境内が無料になると桜苑には立ち入りが禁止されますが、22日に訪れたときは入ることができ、まだわずかに残った御室桜を目にできました。苑内の北西には、超遅咲きの「泣き桜」があり、見ごろとなっていました。この桜は例年桜苑が立ち入り禁止になってから見ごろとなるため、美しく咲く姿を多くの人に見てもらえないことから「泣き桜」と呼ばれているのです。今日は思いがけず見ごろの「泣き桜」を見ることができて、感動しました。こちらもぜひまだあと数日、泣き桜の姿を見させていただきたいものです。

龍安寺

龍安寺

龍安寺

仁和寺

仁和寺

仁和寺の泣き桜

仁和寺の泣き桜

未公開の京都写真・京都の天気の解説など、京都情報を発信するFacebookグループ運営中!

  • Facebookのグループ機能を利用したページ内で、ブログでは未公開の写真や動画、私が眺めている日々の京都の風景や行事、天気の解説などを月額680円で公開中。詳細やお申込みはこちらから。運営をされているシナプスさん経由のお申込みとなります。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。8年ぶりに受験した第13回京都検定で再度1級に合格し「京都検定マイスター」となる。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2017」監修。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.