紅葉が終盤の京都


毘沙門堂

京都の紅葉は終盤に入っています。

毘沙門堂今年の紅葉もいよいよ終盤に入り、名残の彩りが見られます。1日に訪れた毘沙門堂では参道の散紅葉がなかなかでした。カエデに残っている葉は少なくなっていましたが、有料拝観エリアの晩翠園はまだ綺麗でした。人も少なくお勧めで、宸殿の襖絵のしかけも必見です。

京都御苑京都御苑の中にも名残の紅葉がたくさんあります。背の高い木が多いため、カエデには色づきが遅い木もあります。ゆっくりと散策しながら晩秋の風情を楽しむことができます。

地蔵院洛西の地蔵院の門前も紅葉が彩っています。今年は台風で竹が折れるという大きな被害を受けましたが、紅葉は綺麗に色づいてくれました。東山では建仁寺など、遅めの場所を選べばまだ楽しめますので。ぜひ、最後の輝きをご覧ください。

ブログ未公開の紅葉情報を随時公開中!

  • Facebookのグループ機能を利用したページ内で、ブログでは未公開の写真や動画、私が眺めている日々の京都の風景や行事、天気の解説などを月額680円で公開中。詳細やお申込みはこちらから。運営をされているDMM経由のお申込みとなります。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。8年ぶりに受験した第13回京都検定で再度1級に合格し「京都検定マイスター」となる。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2018」監修。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.