山科疎水の桜と菜の花


山科疎水

山科の毘沙門堂へと向かう途中の疎水沿いに、桜と菜の花が見事に咲いています。

山科疎水京都の桜は、多くのところで11日までの雨を乗り切り、今週末にかけて散り初めから桜吹雪で楽しめそうです。遅咲きの八重紅しだれ桜も見ごろになってきているところもあります(ただ、昨年同様に枝が目立つ場所があります)。山科疎水は、琵琶湖から京都へと水を引く琵琶湖疎水の経路で、山科の山沿いを通っています。

山科疎水この時期は毘沙門堂へと向かう道が疎水を横切る場所で、桜と菜の花が見事にコラボしています。菜の花は地元の方が毎年大切に育てておられるもの。疎水の両岸を覆う様子は本当に素晴らしい光景ですので、決して踏んだりしないように大切に眺めましょう。桜は今週末まで見ごろが続きそう。疎水に流れる桜の花びらも風情があります。毘沙門堂とあわせて足を延ばしてみてください。

山科疎水

山科疎水

未公開の京都写真・京都の天気の解説など、京都情報を発信するFacebookグループ運営中!

  • Facebookのグループ機能を利用したページ内で、ブログでは未公開の写真や動画、私が眺めている日々の京都の風景や行事、天気の解説などを月額680円で公開中。詳細やお申込みはこちらから。運営をされているシナプスさん経由のお申込みとなります。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。8年ぶりに受験した第13回京都検定で再度1級に合格し「京都検定マイスター」となる。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2017」監修。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.