勝念寺の萩と彼岸花


勝念寺

伏見にある勝念寺の萩と彼岸花が見ごろを迎えています。

勝念寺勝念寺は丹波橋駅の西にある浄土宗のお寺で、通称「かましきさん」の名前で知られています。現在東山にある大雲院を創建した貞安(ていあん)上人が、信長が本能寺の変で討たれたのちの天正15(1587)年、布教の拠点として秀吉の城下町だった伏見に建立したお寺です。信長は貞安上人に帰依していたとされ、寺には安土で信長より賜った釜敷地蔵(鎌倉時代作)が伝わっています。この地蔵尊は、釜茹でに苦しむ地獄の亡者に代わって自ら釜の中で苦しみを受けるというお地蔵様とされ、境内のお堂で参拝をすることができます。

勝念寺同じく信長から賜ったという閻魔様の像(閻魔法王自作の霊像)は、平清盛の頃、いまは宝塚の清荒神としてしられる摂津国の清澄寺の尊恵が閻魔法王より自作の像を賜り、手のひらに握ったまま蘇生したとの伝承があります。尊恵が伊勢神宮に参拝した際に伊賀上野に祀られ、のちに信長の手にわたり、貞安上人に下賜されたとのこと。あるいは像は尊恵より平清盛に献上され、平家ゆかりの者が所持してきたともされます。大きさは一寸八分(約5.5㎝)の小像で、閻魔様の真の心を伝えるという穏やかな慈悲の顔をしているのが特徴です。この閻魔像は10月5日・6日10時~15時に、京都浄土宗寺院特別大公開の一環で特別公開で参拝することができるそうです。

勝念寺境内には二十数種、約100株の萩が植えられ、この時期は旺盛に茂って綺麗な花を咲かせています。また、足元には彼岸花もたくさん出て、萩とともに境内を華やかに見せています。お寺では「萩振る舞い」と呼ばれて、この時期は8時~17時まで境内を自由に歩くことができます。境内にはカエルの像が多数置かれていますが、これは釜敷地蔵尊の「身代わり」の言葉より「みがわり→かわる→かえる」と連想しているためだそう。彼岸花はまだ綺麗でしたが、お早めに訪れてみてください。また、境内は蚊が多く、虫よけがあるとよいでしょう。

勝念寺

勝念寺

勝念寺

勝念寺

勝念寺

勝念寺

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

第15回・第14回京都検定1級(合格率2.2%)に2年連続の最高得点で合格。気象予報士として10年以上。京都検定マイスター。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳」監修。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.