鞍馬山の雲珠桜


鞍馬寺

今回は鞍馬山の雲珠桜(うずざくら)をご紹介します。

鞍馬寺鞍馬山に咲く桜は雲珠桜(うずざくら)と呼ばれます。これは具体的な品種を指すのではなく、常緑の木々が覆う鞍馬山を点々と白やピンクで染める桜の様子が、平安時代の唐鞍(からくら)という馬具の飾り金具の「雲珠」に似ているためにそう呼ばれています。なお、雲珠そのものは古墳から副葬品として出土することもあり、実際には相当古い時代からあるものです。また、鞍馬は文字通り「馬の鞍」と書き表すので、雲珠桜には言葉遊びの意味合いもあるのでしょう。

鞍馬寺近年はウズザクラという特定の品種も生まれ、それが鞍馬山にもあるために話がややこしいのですが、仁和寺境内に咲く桜を総称して「御室桜」というように、鞍馬山で咲く桜は、ソメイヨシノも山桜も、枝垂れも八重も、全てを含めて「雲珠桜」と呼ぶのです。雲珠桜は平安の昔から和歌にも詠まれ、はるか昔から人々の心を捉えてきました。雄大な自然の中で、恐らく今も当時と大きくは変わらない美しさを感じられるのではと思います。

鞍馬寺現在の鞍馬寺では、仁王門周辺がまず美しく咲くポイント。その先、由岐神社から九十九折の参道にかけては、ほとんど桜はありませんので、無理せず片道200円のケーブルに乗ることをお勧めします。実はケーブルを降りてすぐの多宝塔前も枝垂れ桜が美しいスポット。13日の時点ではまだ先はじめで来週にかけて楽しめそうです。

鞍馬寺新緑も美しい山中を歩き、本殿金堂の前まで来るとこちらも桜が美しく咲き誇っています。ソメイヨシノや山桜など数種類の桜が植えられているようです。奥に広がる山並みをバックに咲く桜は見事で、京都の街中では絶対に味わうことができない桜の光景です。本殿金堂前からは眺めもよく、自然がいっぱいの境内。是非、桜の時期に一度は見ていただきたいお寺です。

鞍馬寺

鞍馬寺

「京ごよみ手帳2019」訂正のお知らせ

・P39の三十三間堂「楊枝のお加持と大的大会」の日程が1月14日となっていますが、正しくは「1月13日」です。
・P225の「京都御所」のデータで、2番の休みは「月曜(祝日の場合は翌日)・年末年始・臨時休あり」です。
ご迷惑をおかけいたします。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

第15回・第14回京都検定1級(合格率2.2%)に2年連続の最高得点で合格。気象予報士として10年以上。京都検定マイスター。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳」監修。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.