雪の大原の風景


大原

29日は北部山沿いを中心に積雪となり、大原も一面の雪景色が見られました。

大原暖かかった12月も年末になって寒波がやってきました。京都市街地でも北部の山沿いを中心に雪が積もりました。年末の休暇に入っているとあって、各地へ足を延ばした方もおられることでしょう。私は大原へと行ってきました。雪の似合う場所で最近は海外の方も訪れるようになりました。各所で美しい雪景色に出会えましたが、その様子は年明けに公開できればと思います。

大原今回は大原の集落などの風景を掲載します。地下鉄の国際会館駅から京都バスで約20分でこうした山里の雰囲気が残る場所へと来れてしまうのも京都の奥深さでしょう。平家物語の建礼門院が隠棲した寂光院や、天台声明(しょうみょう)の修行地、大原女や柴漬けなどが大原のイメージではないでしょうか。雪景色に出会える確率も市街地よりは高く、雪の降る日に訪れていただくのもおすすめです。

大原

大原

大原

大原

「京ごよみ手帳2019」訂正のお知らせ

・P39の三十三間堂「楊枝のお加持と大的大会」の日程が1月14日となっていますが、正しくは「1月13日」です。
・P225の「京都御所」のデータで、2番の休みは「月曜(祝日の場合は翌日)・年末年始・臨時休あり」です。
ご迷惑をおかけいたします。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

第14回京都検定1級(合格率2.2%)に最高得点で合格。気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。8年ぶりに受験した第13回京都検定で再度1級に合格し「京都検定マイスター」となる。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳」監修。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.