京都府立植物園のイルミネーション 2018年


京都府立植物園のイルミネーション

12月25日まで京都府立植物園イルミネーションが行われています。

京都府立植物園のイルミネーション今年も植物園のクリスマスイルミネーションに行ってきました。観覧温室の夜間開園と合わせて、特に家族連れに人気です。植物園で印象的なのは、池に映りこむトウカエデの木の灯り。まるで樹氷のように輝く様子は本当に綺麗です。園内は昨年来の台風で倒木被害が大きく、トウカエデのイルミネーションの姿も変わっている部分はありますが、今年も例年通りに開催されていることに感謝したいと思います。

京都府立植物園のイルミネーショントウカエデが池に映る様子を見てから順路に沿って奥へと進んでいくと、やがて「くすのき並木」が現れます。ゆっくりと様々な色に変化するライトアップとなっており、独特な雰囲気を感じる不思議な空間。時折、ウェーブのように光がすべて消えるタイミングもあり、来園している子どもたちに特に好評のようでした。

京都府立植物園のイルミネーションくすのき並木を抜けると、温室が見えてきます。例年登場しているソリとトナカイのイルミネーションは、座って記念撮影をすることができます。多くの方が笑顔で写真を撮っていました。各所に置かれている躍動感あるトナカイの姿は、植物園のイルミネーションの象徴でもあります。

京都府立植物園のイルミネーション温室内ではポインセチアの展示も行われていました。お昼は温室は別途料金が必要ですが、夜は無料でご覧いただけます。植物園はカップルに加えて家族連れが多く、子どもさんがはしゃげる広さがあります。入園は19時半で20時閉園と他所よりも早く終わるため時間にはご注意を。園内も広いです。25日までの開催ですが、お時間のある方は足を延ばしてみてください。入園料は200円です。

京都府立植物園のイルミネーション

京都府立植物園のイルミネーション

京都府立植物園のイルミネーション

「京ごよみ手帳2019」訂正のお知らせ

・P39の三十三間堂「楊枝のお加持と大的大会」の日程が1月14日となっていますが、正しくは「1月13日」です。
・P225の「京都御所」のデータで、2番の休みは「月曜(祝日の場合は翌日)・年末年始・臨時休あり」です。
ご迷惑をおかけいたします。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

第14回京都検定1級(合格率2.2%)に最高得点で合格。気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。8年ぶりに受験した第13回京都検定で再度1級に合格し「京都検定マイスター」となる。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳」監修。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.