上賀茂神社の重陽神事 2016年


上賀茂神社 重陽神事

9月9日は最も大きい陽数(奇数)が重なる重陽の節句。上賀茂神社では、刀祢(とね)と呼ばれる方がカラスの鳴き真似をするユニークな神事や、子どもによる烏相撲の奉納が行われました。

上賀茂神社 斎王代9月9日は重陽の節句。かつては陰陽思想にそって物事が考えられ、陰と陽といった相対するものが合わさって完全になるとされました。太陽と月、火と水、男女などが最たるものですが、数字においてもこれ以上分かれない奇数が陽の数、分かれる偶数が陰の数とされました。そして最も大きい陽の数である9が重なる9月9日が、すなわち最も陽の力が強い日として、古くからめでたい日取りとして日本では祝われてきたのです。一方、最も陽の力が強いということは、次の日からは陰の力が強まってくるわけで、中国ではこうした陰の力でもたらされる災いごとを鎮めるために行われる行事でもありました。

上賀茂神社 菊酒重陽の節句は、別名「菊の節句」と呼ばれます。この節句も、もともとは旧暦で行われていましたので、1か月ほど先の菊の花の咲く時期であったのです。菊は天皇家の御紋で、重陽の節句は宮中・公家を中心に重んじられた節句でした。中国には菊の露を飲んで不老長寿を得た菊慈童の伝説があり、長寿祈願・厄除けとして菊酒を飲む習わしが伝わり、上賀茂神社でも菊酒が振る舞われます。

上賀茂神社 重陽神事上賀茂神社で行われるのが、神職が「カーカーカー」「コーコーコー」と烏の鳴き真似をする重陽神事。二人の刀禰代(とねだい)が、烏がピョンピョンと跳ぶように立砂の前へと進み、弓矢や太刀を立てかけます。跳ぶ数も3跳びづつと決まっており(三々九躍:さんさんくやく)、これも陽の数となっています。続いて立砂の前に座って烏の鳴き真似の所作を行います。このユニークな烏の所作は、上賀茂神社のご祭神・賀茂別雷大神(かもわけいかづちのおおかみ)の祖父である賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)が、賀茂別雷大神を喜ばすために従えていた烏族に相撲を取らせたところから来ています。

上賀茂神社 烏相撲上賀茂神社の重陽神事の後に奉納されるのが、子どもたちによる烏相撲。相撲を奉納するのは松尾大社の八朔相撲と同じ理由で、実りの時期に害虫や台風による風水害をこうむりやすい今の時期に、神を鎮め無事に実りを迎えられるようにとの思いが込められています。上賀茂神社では相撲児童と呼ばれる氏子の子どもたちが相撲を取ります。子どもは「無邪気」で、すなわち邪気が無い、邪気が入り込む余地がない、ということで、災いごとが払われると考えられているのです。禰宜方(ねぎかた)と祝方(ほうりかた)の二手に分かれ、立砂のまわりを三周(ここでも陽の数字)した後に、熱戦が繰り広げられました。相撲は総当たりと勝ち抜きとで行われますが、勝ち抜きも3連勝までです。様々な場面で陽の数字が出てくるのが、上賀茂神社の重陽の節句・烏相撲です。なお、子どもたちの写真はプライバシーの関係で公開できません。

上賀茂神社 斎王代一連の神事や烏相撲は、今年度の斎王代の西村和香さんも見守る前で行われました。斎王代は葵祭だけでなく、こうして上賀茂神社のいくつかの神事にも参加されるのが習わしです。相撲の奉納が終わると、子どもたちと斎王代が記念撮影。続いて、観戦に来ている上賀茂幼稚園の子どもたちとも記念撮影がありました。斎王代の優しい笑顔が印象的です。烏の鳴きまねをする重陽神事の様子は動画でもご覧ください。

日々の京都情報を発信するFacebookグループを始めました!

  • Facebookのグループ機能を利用したページ内で、ブログでは未公開の写真や動画、私が眺めている日々の京都の風景や、行事の見学ノウハウなどを月額680円で公開中。詳細やお申込みはこちらから。運営をされているシナプスさん経由のお申込みとなります。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2016」監修。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.