しょうざん 紅葉の風景


しょうざん

鷹峯にある「しょうざん」の庭園は紅葉が見事です。

しょうざんしょうざんリゾートは、洛北の鷹峯(たかがみね)にあり、美しい日本庭園に加え、京料理などの食事処があり、ウェディングやボーリングもできる複合リゾートとして知られています。こちらの庭園は500円で入園ができますが、北山台杉と紀州青石が作り出す独特な空間美が印象的な美しいお庭です。市街地からすぐの立地ながら鷹峯の深い山に抱かれてとても静か。紅葉シーズンでも基本的に人は少なく、ゆっくりとお庭を巡ることができます。

しょうざん台杉は、少し細い丸太を取るために育てられてきたもので、室町時代の中ごろ、杉に「取り木」と呼ばれる台をつくり、そこから枝を垂直に伸ばして「立ち木」に仕立て、恒常的に磨丸太を生産する方法が考え出されました。近年はこうした細い丸太の需要が減っているようですが、台杉はその美しい木の形から観賞用として見かけることもあり、京都ではしょうざんのほか、龍安寺などでもその独特な姿を目にすることができます。

しょうざん台杉の間を抜けていくと、今度は紀州青石の巨石が並ぶ眺めへと変化を見せます。そして今はこの辺りの紅葉が抜群に綺麗です。木立や巨石との取り合わせは、ここでしか感じることができない風景。素晴らしいの一言です。人が少ないのも魅力の一つで、美しい庭園をゆっくりと散策できます。鷹峯や金閣寺周辺まで行かれた際には、足を延ばしてみるのもおすすめです。

しょうざん

しょうざん

しょうざん

しょうざん

しょうざん

「京ごよみ手帳2019」訂正のお知らせ

・P39の三十三間堂「楊枝のお加持と大的大会」の日程が1月14日となっていますが、正しくは「1月13日」です。
・P225の「京都御所」のデータで、2番の休みは「月曜(祝日の場合は翌日)・年末年始・臨時休あり」です。
ご迷惑をおかけいたします。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

第14回京都検定1級(合格率2.2%)に最高得点で合格。気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。8年ぶりに受験した第13回京都検定で再度1級に合格し「京都検定マイスター」となる。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳」監修。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.