見頃に入った本満寺のしだれ桜


本満寺 しだれ桜

寺町通を今出川通から上がってしばらく歩くと本満寺があり、境内に咲く優美なしだれ桜が見ごろを迎えています。

本満寺 しだれ桜いよいよ早咲きのしだれ桜が見ごろを迎え、この暖かさでソメイヨシノも確実に花を開いてきています。洛中や東山など早い場所では週末でもソメイヨシノが5分以上に咲く場所もあるかもしれません。嵐山周辺などは少し遅いので、ソメイヨシノの見頃はまだ先となりそう。しだれ桜は嵐山方面でもあと数日で見頃に入って来るでしょう。

本満寺 しだれ桜さて、本満寺のしだれ桜は大きな木で、均整のとれた気品のある優雅な佇まいをしています。一度見るとファンになってしまう方も多い桜です。境内に少し入らないと見られないのですが、もし、もっと人目に付く場所にあれば、さらに評判になっていることでしょう。この申し分ない美しさの理由は、出自を聞けば納得。実は、円山公園にある祇園しだれ桜の姉妹に当たる木なのです。多くの木々が集まるソメイヨシノも美しいのですが、こうしてたった1本でも見る人を強く引き付ける存在感は、しだれ桜ならではかもしれません。

本満寺 しだれ桜訪れた27日は空が青く桜日和。京都各地の桜を見てきましたが、やはり本満寺の桜は抜群に美しいと思います。写真を撮りに来られている人もいれば、地元の方とおぼしき人も笑顔で見に来られていました。多くの方を笑顔にしてしまう桜の力は本当にすごい。本満寺の桜はどこから眺めても美しいのですが、見る角度によって桜の印象が変わりますので、自分好みの場所を探して周りを歩いてみるのもおすすめです。

本満寺 しだれ桜本満寺は、京都御苑や出町柳からもそれほど遠くはないため、近衛邸跡のイトザクラとセットで散策をすることもできます。賀茂大橋南西のたもとにも一本の大きな枝垂れ桜があり、こちらも少し遅れて美しくなってきます。天気は30日・31日の晴れが気温も上がって大変貴重な2日間となりそう。4月に入ると「菜種梅雨」となりそうで、雨や曇りの日が続く恐れがあります。都合の付く方は、晴れているうちに早咲き桜の名所へと足を延ばしてみてください。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.