葵祭 路頭の儀 2018年


葵祭 2018年

5月15日に行われた葵祭の路頭の儀。今年も出発前の行列をご案内させていただきました。

葵祭 2018年葵祭は5月1日から様々な行事がありますが、やはり15日の路頭の儀が華やかで注目を集めます。今年もご案内を開催し、多くの方と一緒に眺めることができました。ご参加いただきまして、本当にありがとうございました。個人的には、今年も御蔭祭など、いくつかの行事を見ることができ、葵祭を楽しませていただきました。往時を今に伝える貴重な行事ばかりだと思います。

葵祭 2018年葵祭の路頭の儀は、天皇の使いである勅使が、12日に新たに神が迎えられた下鴨神社・上賀茂神社に御幣物をお届けし、国家の繁栄を祈願するための行列です。行進は「静か」なのも特徴のひとつで、その分、馬がパカパカと歩く音や、牛車のギシギシという音が印象に残ります。平安時代の行列もこのような雰囲気だったのかもしれません。今年の御所での様子は写真でご覧ください。関係者の皆様も、暑い中でしたが本当にお疲れ様でした。

葵祭 2018年

葵祭 2018年

葵祭 2018年

葵祭 2018年

葵祭 2018年

葵祭 2018年

葵祭 2018年

葵祭 2018年

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。8年ぶりに受験した第13回京都検定で再度1級に合格し「京都検定マイスター」となる。第14回京都検定1級(合格率2.2%)に最高得点で合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2018」監修。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.