紅白の梅が見ごろの興正寺


興聖寺の白梅

何度かご紹介をしている西本願寺の南の興正寺。今年は紅白の梅が同時に見ごろになっています。

興聖寺の白梅3月に入って暖かくなり、京都の梅は一気に花開いて来ました。各地で見ごろに入ってきています。まだまだ遅咲きの梅もありますので、今後一層華やかになってくるでしょう。さて、2月にもご紹介をした興正寺の梅。門を入った内側に紅白の梅がありますが、例年紅梅が早く咲き、遅れて白梅が見ごろとなり、両方が同時に見ごろになることは珍しいですが、今はそれぞれが楽しませてくれます。

興聖寺の紅梅紅梅はピーク過ぎではありますので、近くで眺めると傷みもありますが、離れてみる分には迫力は十分。一方の白梅はピーク前ではあるものの、十分見ごろといえるでしょう。5日も暖かいため、さらに咲き進んできそうです。

興聖寺境内を訪れたら、ぜひ御影堂(ごえいどう)や阿弥陀堂にもご参拝ください。障子を開けて自由に参拝をさせていただけます。荘厳な内部の様子や巨大な建物を、外から眺めるだけで帰ってしまうのはもったいない。御影堂には親鸞聖人(見真大師)像が、阿弥陀堂には阿弥陀如来像がお祀りされています。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。8年ぶりに受験した第13回京都検定で再度1級に合格し「京都検定マイスター」となる。第14回京都検定1級(合格率2.2%)に最高得点で合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2018」監修。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.