祇園祭 前祭の宵山


祇園祭 宵山

今年も祇園祭の宵山が始まりました。23基の山鉾が登場しています。

祇園祭 宵山17日の山鉾巡行や神幸祭は「前祭(さきまつり)」と呼ばれています。後祭(あとまつり)の山鉾は10基で、前祭の山鉾は23基となります。前祭の山鉾は四条通界隈に集まっていて、大型の鉾が立ち並ぶ様は宵山の象徴でもあります。駒形提灯が灯り、祇園囃子が奏でられ、多くの人で賑わう風情は何度見てもよいものです。

祇園祭 宵山宵山では子どもたちが一生懸命に「粽どうですか~!お守りどうですか~!」と声を出したりわらべ歌を歌って頑張っている姿がたまらなく可愛らしく、ついつい買ってあげたくなります。少なくとも私は買ってしまいます(笑)微々たるものですが、子どもさんが喜んで、山鉾の維持費になれば幸いです。

祇園祭 宵山15日・16日は歩行者天国となって夜店も並び、祇園祭の賑わいはピークとなります。人混みが苦手な方は西洞院通よりも西にある山を巡るとよいでしょう。太子山や木賊(とくさ)山まで行けば比較的静かで、子どもたちも一生懸命に頑張っています。木賊山は手ぬぐいも充実しており選びがいがあるでしょう。コンチキチンの祇園囃子に駒形提灯。美しい懸想品やご神体の数々、前祭の宵山の夜はあと2日間。存分にお楽しみください。

祇園祭 霰天神山にて

祇園祭 山伏山にて くまモン

祇園祭 放下鉾

「京ごよみ手帳2019」訂正のお知らせ

・P39の三十三間堂「楊枝のお加持と大的大会」の日程が1月14日となっていますが、正しくは「1月13日」です。
・P225の「京都御所」のデータで、2番の休みは「月曜(祝日の場合は翌日)・年末年始・臨時休あり」です。
ご迷惑をおかけいたします。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

第15回・第14回京都検定1級(合格率2.2%)に2年連続の最高得点で合格。気象予報士として10年以上。京都検定マイスター。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳」監修。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.