学校跡を飾る「春めき桜」


旧成徳中学校 春めき桜

高辻通に面した「旧成徳中学校」の「春めき桜」が見ごろになっています。

旧成徳中学校 春めき桜早咲きの桜が咲き始めてきた京都。近衛邸跡のしだれ桜も開花しています。超早咲きの桜では、高辻通室町の西にある旧成徳中学校の北側には「春めき」という品種の桜が植わり、道行く人の目を楽しませています。神奈川県の南足柄市の農園経営者・古屋富雄さんが作出し、卒業生を贈る時期に咲く桜として全国に広まっています。2000年3月に品種登録された比較的新しい桜で、カンヒザクラとシナミザクラ(カラミザクラ)の交雑種なのだそう。

旧成徳中学校 春めき桜古屋氏は各地の学校への寄贈もされており、京都へは平成25(2013)年1月に小中学校へ計100本が贈られています。ソメイヨシノよりも香りが強く、優雅で甘いという特徴もあることから、視覚障害者のために盲学校に寄贈する活動もされておられます。新時代の桜として、さらに広まっていきそうです。

旧成徳中学校 春めき桜成徳中学校は、2007年に下京中学校に統合されて廃校となりましたが、建物やグラウンドは地域の施設として使われています。建物は昭和6(1931)年に建てられた鉄筋コンクリートで、窓の形などにレトロな雰囲気もあります。そこを飾る優しいピンクの春めき桜。地域の方々に春を告げる桜として親しまれています。桜はしばらく見ごろが続くと思いますので、お近くに行かれる際には訪れてみてください。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介

吉村 晋弥(よしむら しんや)

京都検定1級に3年連続最高得点で合格(第14回~第16回、第14回合格率2.2%)、「京都検定マイスター」。気象予報士として10年以上。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2020」監修。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.