北野天満宮のずいき神輿 2019年


ずいき神輿

北野天満宮のずいき祭りが10月1日から始まりました。4日午前まで御旅所に「ずいき神輿」が登場しています。

ずいき神輿 ライオンキングずいき祭りの「ずいき」とは芋の茎のことで、ずいきで屋根が飾られた「ずいき(瑞饋)神輿」が登場することからそう呼ばれています。平安時代にこの付近一帯の西ノ京の人々が五穀豊穣を感謝し、新しく採れた穀物や野菜などを飾り付け、道真公の神前にささげたのがお祭りの始まり。400年前の江戸時代初め、北野天満宮の社殿が再建された1607年にずいき神輿となり、1802年には現在と同じ形の神輿になりました。明治維新の改革により祭りは中止となってしまいますが、地元の有志の力で15年後に復活を果たして現在に至っています。

ずいき神輿 いだてんJR円町駅の北にある御旅所には1日からずいき神輿が登場します。神輿の飾り付けは御旅所付近の西ノ京の人びとが担っています。神輿は二つあり、小さめの子ども神輿と大人の神輿とがありますが、神輿の四方の飾り付けは毎年異なった物語が描かれており、楽しみにされている方も多いです。材料は「土に還るもの」で行われるため毎年作り直す必要があります。

ずいき神輿 ハリネズミ千日紅は9月1日に収穫をして乾燥させたのちに、糸を通す作業を行います。花の総数は1万にも及ぶそう。また数日間持たせるため、ずいきは前日に収穫をして屋根に飾り付けます。数日経つと乾燥して縮み、屋根に隙間ができてくるため4日の還幸祭の前には隙間に補充をするそうです。近年は農家も農地も少なくなりましたが、今も住民たちが自分たちで野菜を育てて神輿を作っていて、毎年気候が違うなか、決まった日付に収穫期を合わせるのは大変なご苦労があるようです。また、麦わら細工は再利用はできますが、その精巧な模様や龍の図柄は友禅の型彫師にお願いをしているそう。まさに住民の思いや伝統技術が一体となって受け継いで来られた伝統です。

ずいき神輿 トライずいき神輿の装飾には、毎年その時のタイムリーな題材が取り入れられています。今年の題材には大河ドラマの「いだてん」や今年ワールドカップが行われているラグビーの「トライ」、昔話では「ぶんぶく茶釜」と「鶴の恩返し」、「ライオンキング」や「ハリネズミ」、「鳥獣人物戯画」もかわいらしかったです。それぞれ多彩な材料を見事なアイデアで使用して形作られており、感嘆するばかり。

ずいき神輿 ぶんぶく茶釜さて、個人的にはこのずいき神輿を見ることで「いよいよ10月が来たなぁ」と感じます。恐らく、同じような思いを持っておられるかたはおられるでしょう。ずいき神輿は、4日午前中まで御旅所に鎮座し、4日午後の還幸祭で西ノ京一隊を巡行して北野天満宮へと向かいます。個性的なずいき神輿、ぜひ多くの方にご覧いただければと思います。

ずいき神輿

ずいき子ども神輿

ずいき子ども神輿

ずいき子ども神輿

ずいき神輿 ボーリング

ずいき神輿 鳥獣人物戯画

ずいき神輿 鶴の恩返し

ずいき神輿 ぶんぶく茶釜

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

第15回・第14回京都検定1級(合格率2.2%)に2年連続の最高得点で合格。気象予報士として10年以上。京都検定マイスター。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳」監修。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.