今年も涼やかな上御霊神社のイチハツ


上御霊神社のイチハツ

上御霊神社では、南の水路にイチハツの花が涼やかに咲いています。

上御霊神社のイチハツ地下鉄・鞍馬口駅からほどなくの上御霊神社では、4月下旬から5月初めにかけて、南水路(水は流れていない)を中心にアヤメのイチハツが咲くことで知られています。アヤメの中でもひときわ早く咲くことから「イチハツ(一初)」と名付けられたという説明が一般的ですが、イチハツの漢字は「一初」「一八」や「鳶尾」などいくつもの表記があり、由来は諸説あります。イチハツの花は涼しげで落ちついた印象を与えてくれ、初夏を思わせる陽気にもよく似合います。

上御霊神社のイチハツ4月27日に訪れてみると、南水路の花はちょうど見ごろで、境内の中でも昨年新たに建てられた応仁の乱の石碑の周辺も綺麗でした。例年は、福寿稲荷神社の前が最も遅くまで花が残ってくれる場所ですが、そちらはまだこれからといった印象でしたので、このまま5月前半にかけても楽しめるでしょう。よければ足を延ばしてみてください。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。8年ぶりに受験した第13回京都検定で再度1級に合格し「京都検定マイスター」となる。第14回京都検定1級(合格率2.2%)に最高得点で合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2018」監修。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.