二条大橋のサルスベリ

二条大橋 サルスベリ

京都ではサルスベリ(百日紅)の花が見頃になっています。

二条大橋 サルスベリ夏は花が少なくなる時期ですが、色鮮やかな赤の色彩と長い期間楽しめる花で魅了してくれるのがサルスベリ(百日紅)。京都各地で目にすることができ、社寺を飾るほうが絵にはなりそうですが、街路樹としても植えられていることもあります。とくに有名なのは、京都御所の拾翠亭でしょうか。今年は7月が涼しかった影響か、サルスベリは例年より遅くなっています。

二条大橋 サルスベリ鴨川沿いでも咲いている場所があり、特に二条大橋からが綺麗でした。この赤い花を目にすると、本格的に夏がやってきた気持ちになります。真夏に数少ない彩りを与えてくれる植物ですので、暑い中でも愛でてあげたいと思います。

「京ごよみ手帳2019」訂正のお知らせ

・P39の三十三間堂「楊枝のお加持と大的大会」の日程が1月14日となっていますが、正しくは「1月13日」です。
・P225の「京都御所」のデータで、2番の休みは「月曜(祝日の場合は翌日)・年末年始・臨時休あり」です。
ご迷惑をおかけいたします。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

第15回・第14回京都検定1級(合格率2.2%)に2年連続の最高得点で合格。気象予報士として10年以上。京都検定マイスター。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳」監修。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.