恵美須神社の十日えびすと宝恵かご

恵美寿神社 宝恵かご

京都でも十日えびすで恵美須神社(ゑびす神社)が賑わっています。

恵美寿神社 宝恵かご京都の新年は初詣、七草粥、そしてえべっさんと次々に行事が続いていきます。日本三大えびすのひとつにも数えられる東山の恵美須神社では、8日から12日にかけて商売繁盛を祈願する十日えびすが行われ、昼夜を問わずたくさんの参拝者で賑わい、縁起物の福笹が飛ぶように売れていきます。えびす神は、七福神の一人としても知られ、釣った魚を物々交換で米等と替えていた(すなわち交渉や商売が上手だった)とされることから、商売繁盛の神となっていきました。

恵美寿神社 宝恵かごえびす神といった場合は、神話の中でイザナギとイザナミの子どもである蛭子(ひるこ)神を差す場合と、大黒様の子どもである事代主命(ことしろぬしのみこと)を表す場合とがあります。いずれも水と関わりがあり、えびす様は海の神として庶民からは篤い信仰を集め、手には釣り竿と鯛を持つ姿が定番となっています。1月10日はえびす様のお誕生日で、それを祝い、福にあやかろうというのが十日えびすです。

恵美寿神社 宝恵かご福笹は、江戸時代に京都の恵美須神社が始めたものが全国に広まったものです。笹は「お札(おふだ)」の替わりとして発明されました。笹は、常に青々として枝は真っすぐと伸び、しなやかさもあって簡単には折れません。そういったところが、長く続けることをよしとする商売繁盛のご利益に通じ、人気を集めました。なお、庶民派の神であるえびす様は、夜にお酒を飲んだ千鳥足で参拝に来ても、おおらかな心で迎えて下さるとされ、「商売繁盛で笹もってこい」の有名な文句も、そもそもは「酒もってこい」だったともいわれています。現在も恵美須神社が最も賑わうのは10日の夜のようで、京都の企業人の中には、ほろよい気分で参拝される方もおられるようです。

恵美寿神社 宝恵かご今年も、東映の女優さんが駕籠に乗って社参する「宝恵かご」をご案内させていただきました。女優さんは華やかで笑顔で写真撮影にも応じてくださり、貴重な時間を過ごさせていただきました。宝恵かごでの社参は、江戸時代に西陣や室町の呉服商問屋の旦那が、ひいきの芸者を連れて社参したことが起源とされ、昭和の初期には宮川町の花街有志によって再現されていましたが、籠のかき手の不足などで一時姿を消しました。しかし、その華やかさを惜しむ声が多く、昭和53年に東映映画村の協力によって復活され、現在に至っています。今年の宝恵かごは終わりましたが、12日まで福笹の授与は行われていますので、華やかな雰囲気を感じに足を延ばしてみてください。

「京ごよみ手帳2019」訂正のお知らせ

・P39の三十三間堂「楊枝のお加持と大的大会」の日程が1月14日となっていますが、正しくは「1月13日」です。
・P225の「京都御所」のデータで、2番の休みは「月曜(祝日の場合は翌日)・年末年始・臨時休あり」です。
ご迷惑をおかけいたします。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

第14回京都検定1級(合格率2.2%)に最高得点で合格。気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。8年ぶりに受験した第13回京都検定で再度1級に合格し「京都検定マイスター」となる。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳」監修。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.