初夏の青空と鴨川


鴨川

立夏を過ぎて初夏に入りました。鴨川と青空が綺麗でした。

鴨川市民憩いの場としても親しまれている鴨川。5月からは昼の納涼床(皐月の床)が始まっており、6月には夜の本床も始まってきます。四条界隈は週末ともなればカップルを中心に川沿いに座る人たちが数珠繋ぎとなっています。橋の上からの景色は、場所によって変化をするため、自転車などで通りかかる際には、足をとめてみるのもおすすめです。

鴨川先日、青空の日に通りかかると新緑と相まってとても綺麗でした。やはり青空が似合う場所ですね。一方で、今年は空気が乾燥している日が多く、5月4日は1950年以降の観測で2位タイとなる最小湿度7%を記録。5月8日も11%でした。火の取り扱いにはご注意下さい。

「京ごよみ手帳2019」訂正のお知らせ

・P39の三十三間堂「楊枝のお加持と大的大会」の日程が1月14日となっていますが、正しくは「1月13日」です。
・P225の「京都御所」のデータで、2番の休みは「月曜(祝日の場合は翌日)・年末年始・臨時休あり」です。
ご迷惑をおかけいたします。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

第15回・第14回京都検定1級(合格率2.2%)に2年連続の最高得点で合格。気象予報士として10年以上。京都検定マイスター。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳」監修。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.