八坂神社の節分祭 舞妓さんによる舞踊奉納

八坂神社 節分祭

2月2日・3日と八坂神社節分祭が行われ、舞妓さんによる舞踊奉納や豆まきが行われました。

八坂神社 節分祭京都では2月2日・3日と各地で節分行事が行われました。その内容は多種多様で面白く個性的。今年もご案内をさせていただきつつ、有名どころを巡ってきましたので、順次ご紹介して行きます。3日に向かったのが八坂神社の節分祭。神社に近い4つの花街の舞妓さんによる舞踊奉納が、2日・3日のそれぞれ13時と15時で行われます。今回は祇園甲部の舞妓さんによる踊りを見てきました。

八坂神社 節分祭日曜日とあってすさまじい混雑ぶりで、遠巻きにしか見ることができませんでしたが、望遠レンズでなんとか舞妓さんの姿をとらえることができました。舞の奉納は本殿の神様に向かって行われるため、正面は舞殿の本殿側になります。しっかりと舞を目にしたい方は、早い時間からの場所取りも大切となってきます。舞踊に続いて豆まきも行われますが、豆は全方向に向かって撒かれるため、豆がほしいという方は前のほうにさえいられれば、場所はこだわらなくてもよいでしょう。

八坂神社 節分祭なお、舞妓さんも豆まきに参加をしますが、やはり本殿に面した側から撒かれることが多いです。撒かれる量は他所と比べて多くはないため、1つでも取ることができればラッキーだと思っておきましょう。今回のような大混雑では取るのは至難の業でした。八坂神社では有料の福豆も300円で販売されています。はずれなしの福引付きで、運が良ければテレビや自転車などの豪華景品も当たります。ただ、こちらも今年は混雑のため昼過ぎには売り切れたようです。大いに賑わう八坂神社の節分祭。機会がありましたら訪れてみてください。

「京ごよみ手帳2019」訂正のお知らせ

・P39の三十三間堂「楊枝のお加持と大的大会」の日程が1月14日となっていますが、正しくは「1月13日」です。
・P225の「京都御所」のデータで、2番の休みは「月曜(祝日の場合は翌日)・年末年始・臨時休あり」です。
ご迷惑をおかけいたします。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

第14回京都検定1級(合格率2.2%)に最高得点で合格。気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。8年ぶりに受験した第13回京都検定で再度1級に合格し「京都検定マイスター」となる。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳」監修。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.