今年の桜は好天続き!貴重な当たり年に!

しだれ桜 3月26日

いよいよ京都の桜は各地で見ごろに入りつつあります。今年は連日の好天続きで、青空を背景に美しい桜に出会えるところが多いでしょう。ただし、気温が高く進みが早いため、お早めに京都にお越しください。

平野神社 3月26日本当に今年はすごい年になりそうです。冬の寒さで早春の花は遅れていましたが、桜は例年より早く咲き、連日の暖かさで一気に見ごろとなってきてます。気象台の標本木は26日の段階で5分咲きですが、今後気温はさらに上がるため満開宣言も28日~29日には出るのではと思います。標本木よりも早く咲くソメイヨシノも市内には多くあり、各地で見ごろに入ってきています。早咲きの桜は各地で素晴らしい花を咲かせており、一気に華やかになってきました。

平野神社 3月26日そして今年は天気が晴れ続き。「春に三日の晴れなし」「花曇り」「菜種梅雨」との言葉があるように、この時期にこれほど晴れが続くのは大変珍しいことです。30日に多少の崩れはありそうですが、そこを除けば、まだ当分の間、大崩れはありません。気温も高く、もし3月中に最高気温が25℃を超えると、過去138年間でも4度目という非常に珍しいこととなり、もし25.7℃を超えると、3月としては観測史上1位の高温となります。

近衛邸跡 3月26日桜も休むことなくどんどん咲き進み、早咲き桜の中は早くも週末には散り初めてきそう。総合的には今週末が最高のピークとなりそうで、遅咲き桜も含めて咲き始める、ものすごい状態になりそうです。天気も晴れがベースとなるため、青空に桜が映える、素晴らしい当たり年となります。開花のペースは速いため、今週から4月の初めにかけての間にお越しいただくとよいでしょう。ソメイが散っても遅咲きの桜名所も多数あります。そして桜だけでなく、他の春の花々も一気に咲いて来ます。年は例年になく、華やかな状況となりそうです。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。8年ぶりに受験した第13回京都検定で再度1級に合格し「京都検定マイスター」となる。第14回京都検定1級(合格率2.2%)に最高得点で合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2018」監修。特技はお箏の演奏。


コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.